Googleのロンドンキャンパスは、電動ブラインド、ソーラーパネル、4つの駐車スペース

0
523

新しいGoogleのロンドンキャンパス計画は成果を上げるのにしばらく時間がかかりましたが、同社は現在、改装された建物の正式な計画アプリケーションを提出しています。ユーロスターのターミナルに近いKings Cross駅の正面に位置します。

最初の計画は2013年に提出されたが、同社は後に野心的な設計でないと判断し。 2014年、Googleはまったく新しいデザインを求め、マウンテンビューキャンパスのチームに作業を依頼しました。

Architect’s Journalによると、新しいデザインは高さが7階から11階に上がり、4,000人のスタッフが収容できます。。

Engadgetは建物のいくつかの特徴を強調しました。

ショップやオフィスの「台座」に座っている建物で、3車線の25メートルプール、多目的ゲームエリア(バスケットボール、5人のサッカーまたはバドミントンの開催)、ジム、巨大な景観屋上庭園 があります。

広々としたイベントセンターは、地上1階と2階に分かれています。同社は200メートルの "トリムトラック"を建設し、ランナーのための定期的な運動ステーションと、北西の角に270メートルの来場者を提供する円形劇場都市の景色が楽しめます。

1つの顕著な特徴は、建物が床から天井までの窓で日光を最大にする方法です。日中に180度回転するフルハイトの電動木材ブラインドを使用して、眩しさと太陽熱から職員をまもります。

期待どおり、建物は環境に配慮した設計になっています。ここでの特徴は、年間出力19,800kWhの太陽電池パネル、雨水採取システム、現場のリサイクルセンターです。686台の自転車の保管と、わずか4台の駐車スペースで構成されています。ロンドンの中心部で働くた場合は公共交通機関の利用も非常に便利です。

地方自治体は6月21日まで計画にコメントし、その後、協議会は建設作業を進める許可を与えるかどうかを決定する。