Gmailセキュリティアップデート、MLベースの初期のフィッシング詐欺検出を含む

Googleは、機械学習、意図しない外部からの返信警告、および新しい脅威からの防御に基づいた初期のフィッシング検知など、Gmailの新しいセキュリティ機能を多数発表しました。

Google Docs詐欺を避けるために、フィッシング攻撃を防ぐために、Gmailは電子メール(平均メッセージの0.05%未満)を選択して、厳密なフィッシング分析を実行する専用のマシン学習モデルを使用するようになります。

セーフブラウジングと統合されているため、評判や類似性分析などのさまざまな手法が、フィッシングや疑わしいURLの検索に役立ちます。これは、ユーザーがフィッシングやマルウェアのリンクにアクセスする前にユーザーをリダイレクトする、以前に発表されたクリック時の警告と組み合わせて機能します。

セーフブラウジングでリンクの結果をテストしなければならないため、電子メールは最大4分受信が遅れる可能性がある。したがって、速度を重視する組織では、手動で無効にする設定があります。

Googleでは、これらの機械学習モデルは、手動システムよりも迅速に適応することができると述べています。

G Suiteのお客様にとって、Gmailは、企業のドメイン外にいる誰かに応答する際にデータが失われないように、外部返信の警告をユーザーに表示するようになりました。これらの警告はスマートで、既存の連絡先と定期的にやりとりする連絡先のポップアップを避けることができます。