メルセデスは手頃な価格の全電気式ハッチバックを発表?

0
564

ダイムラーはメルセデスの新しいオール電化「EQ」サブブランドを昨年発表した後、全電気自動車のリーダーになるという大きな野望を語りました。

昨年発表された「EQ C」と呼ばれる高級SUVの形で、来年には最初の取り組みが見込まれており、9月のフランクフルトモーターショーで発表がある予定です。

英国の出版誌Autocarは、先週の情報源を引用している。

彼らは、車両が「EQ A」と呼ばれ、「約35,000ドル」というEQサブブランドのエントリーレベルの車両となり、約45,000ドルで登場すると報告している。

Autocarによるとそれは9月に発表されるが、自動車は2020年に生産を計画されているという。

"現在、メルセデス・ベンツのシュトゥットガルト本社近くにある自社のプロトタイプ・ワークショップで建設中の新しい電気自動車コンセプトは、ドイツ自動車メーカーのエントリーレベルのEQ Aをプレビューすると言われています。そのモデルは2020年に販売を予定しています電動パワー・モデルのフルラインナップの一環として"

興味深いことに、ハッチバックセグメントはすでに全電動Bクラスのメルセデスに実装れていますが、新しいEQ全電気プラットフォームではなく、ガス駆動プラットフォームを使用して作られるとのこと。

ダイムラーは2009年にテスラと提携し、昨年まで電気自動車メーカーは電気Bクラスとダイムラーの電気スマートカー用のパワートレインを生産していました。

彼らは現在、社内で電動パワートレインの生産と開発をさらに進めてきましたが、依然として第三者に依拠しています。

これらの新型「EQ」車は、来年、高級SUVからスタートして、独自の電気自動車を初めて作るための、メルセデスの最初の重要な取り組みとなる予定です。

〜45,000ドルで、「EQ A」は、メルセデスの総合的なラインナップで、安価な価格で設定された電気自動車になります。