ノートパソコンとタブレットの機内持込み禁止は、米国発のフライトに拡大の可能性

0
356

今年初め、米国政府は、8カ国からの米国への飛行中に、タブレットやラップトップが持ち込み手荷物に持ち込まれるのを防ぐ新しい方針を制定しました。今、国土安全保障省は、米国発の便を含むように禁止を拡大することを検討されていると伝えられている。

ジョン・ケリー国土安全保障長官は、CNNとのインタビューで、米国が引き続き世界各地から情報提供を受け続ける中で、禁止を拡大することを検討していると説明した。 3月の米国内での飛行機に関する米国の方針を制定したとき、中東や北アフリカの大部分のテロ脅威に関する情報も引用された。

ケリー氏は、国土安全保障省(DHS)が航空安全保障に関する「指針を上げる」ことを検討していると説明した。

「世界中の旅客機に対する脅威は一定であると言います。良いニュースは、私たちが海外で諜報機関のコレクションを持っているということです。また、海外のパートナーとの大きな共有もあります。だから、我々はこれらの脅威の後に得ることができるすべてをやっているが、それは本当のものだ」

「私たちは大きな電子機器を貨物室の中に置くというプロトコルを採用しています…私は、世界の特定の部分の情報に基づいてその決定を下しました – 洗練された脅威です」と、ケリー氏は金曜日に言いました。 「現在、航空安全に関する最低限のバーを上げることについて、世界的に見ているところがある。だから、我々はパートナーと協力して、禁止を拡大することをまだ検討している」

米国からの飛行を含む禁止を拡大することは、国土安全保障省(DHS)の重要な動きとなるだろう。当初の決定では、ラップトップとタブレットが8カ国から米国に飛ぶことができなくなりましたが、今月、DHSがヨーロッパからアメリカへのすべての便を含むように規制を拡大することを検討していたと報告されました。しかし、そのアイデアは棚上げされたと伝えられていた。

この禁止は、現在、エジプトのカイロからの米国行きフライトにも及んでいます。ドバイとアラブ首長国連邦のアブダビ、イスタンブール、トルコ;ドーハ、カタール;アンマン、ヨルダン;クウェート市;モロッコのカサブランカ;サウジアラビアのジッダとリヤドなど。

現時点では、禁止令をさらに拡大することはできません。ケリー氏はインタビューの中で、「時が来れば決断を下す」と述べた。