テスラのオートパイロットはまだ危険なのか?

フォーチュン誌は今日、「テスラの自動運転技術はサイクリストにとって危険である」と報告しています。

一見すると、テスラの自動走行のデモではは、「自動運転」と呼べる内容になっているが、本当のところ、テスラのオートパイロットについて安全なものになっているかは不明です。

フォーチュン誌は、スタンフォードのロボット工学者が「Tesla Autopilot Review:Bikers will be die(テスラオートパイロットレビュー: バイカーはきっと死ぬだろう)」というセンセーショナルなタイトルの記事に基づいて報告しているとする。

Fortuneのように、Heather KnightもAutopilotの機能に懐疑的なようです。彼女は以下のように述べています。

"TESLAオートパイロット機能は、基本的に自律走行モードに切り替えるためのきっかけでしかない。"

テスラのオートパイロットシステムは、この機能がまだ有効でないことが明らかで、「完全自己運転機能」を備えた第2世代の自動操縦ハードウェアが次に登場してから激化することを示しています。

オートパイロット機能を最終的に可能にするハードウェアはすべての車両に搭載されていますが、現在のソフトウェアビルドを「オートパイロット」としてテストすることは理にかなっていません。

最新のバージョンでは、Teslaのオートパイロットはまだレベル2の運転システムですが、それでも運転手には完全な注意が必要です。したがって、運転手が自転車にぶつからないようにするなど、事故を未然に防ぐ責任が依然としてある。

ドライバが完全に自立運転できるようになる前に、ドライバがシステムに甘えてしまう危険があります

「一部の人は責任を無視し、バイカーの命を危険にさらすことを懸念している。」

テスラのオートパイロットシステムは主に高速道路用ですが、サイクリストを検出することは可能ですが、オートパイロットの他の状況と同様に、運転手はハンドルをつかんで運転を引き継ぐ状況にある必要があります。

最新のオートパイロットソフトウェアのアップデートでは、Teslaの新車のシステムが大幅に改善され、来月に発売予定のアップデートでは、「シルキーで滑らかな」制御アルゴリズムが新たに登場する予定です。

それでも、少なくとも年末までに「完全自己運転能力」を導入するまでは、システムは「自動運転」とは言えないかもしれません。