3DプリントDIYロボット、ルーマニアでデビュー

フランス人のデザイナーは初めてヒューマノイドDIYロボットを公開しました。

デザイナーのGael Langevinは、今週ルーマニアのテクノロジーフェアでロボットを発表しました。このアイデアは、2011年に製作した人工器官から発展、開発され、3Dプリンターで初めて製作されました。ロボットは、3Dプリンタとマイクロカメラで作られています。

このロボットが学校や病院の子供たちを助けるために使用されることが期待されています。インターネットに接続されている場合は、Wikipediaのさまざまな質問に答えることができます。

Langevinは、一般的にInMoovと呼ばれるモデルがまだ完璧ではないことを認めている。

"これはちょうどピポッキオを建てるゲッペットのようなものだ。ロボットを作って、それを世界に送り、それを使って何をできるか見たい"

このフェアを訪れている子供たちはとても興奮したようでした。

ブカレストのエリート聖サヴァ学校の学生、アドリアン・マルギネアヌ(Adrian Margineanu)は、「彼は最高です」と語った。

InMoovは様々な国の建築家のリストを提供しています。ランジュバン氏は、自分のデザインにそって、1,000以上のDIYロボットが作られたと推定しています。

彼のロボットは、英語、スペイン語、フランス語、ロシア語、オランダ語を話せるようにプログラムすることができます。ルーマニアのグラフィックデザイナー、ポール・ポポスク(35歳)は、自分のロボットを組み立てており、ルーマニア語を話せるように計画している。

基本的なモデルの費用は1,500ユーロ(1,665ドル)です。