特許トロールは、AppleがAirPlay、オートダイヤル、バッテリー技術について告訴

0
425

テキサス州の裁判所に提出された3件の訴訟で、非実務者であるUnilocは、AppleがAirPlayに関する技術、連絡先からの電話番号の自動ダイヤル、ポータブルデバイスのバッテリーの操作に関する3つの特許を侵害していると主張している。

特許所有者に優しい東テキサス州地方裁判所に居住していたUnilocの新法は、Hewlett-Packardおよび3Comから再三譲渡された特許の侵害を主張しています。

最初の訴えで、Unilocは、2001年に最初に提出されたHPの発明である「高温環境に最適化されたバッテリ充電および放電システム」について、米国特許第6,661,203号を活用しています。IPは、温度センサ充放電イベント中のバッテリの熱を監視します。過熱を防止し、バッテリの寿命を延ばすため、電流はその後制限されます。

Unilocは、AppleのiPhone、iPad、iPod、Apple Watch、MacBookのすべてのラインナップは温度センサーを使用してバッテリーの充電量を抑え、引き出すことを主張しているため、 ‘203特許を侵害している。

2番目のケースは、AppleのAirPlay技術を「ワイヤレスリンク経由で送信されたグラフィックスプリミティブを使用したリモートコンピュータディスプレイ」の技術をカバーする米国特許第6,580,422号で対象としています。 HPが1995年に提出したIPでは、無線コマンドを使用してリモートコンピュータのディスプレイにグラフィックコマンドを送信する詳細な方法が記載されています。

2004年にAirTunesとしてデビューしたAppleのワイヤレスコンテンツ転送プロトコルは、その後、2010年に静止画とビデオをAirPlayとして扱うようになった。独自の技術はアップルのデバイスラインナップで使用されていますが、同社は最近、AirPlayをApple TVを搭載したモバイル・ツー・ビッグ・スクリーン・ソリューションとして押し上げました。

第3のケースは、「個人情報機器に記憶されたレコードから電話番号を無線でオートダイヤルする方法およびシステム」に関する米国特許第7,092,671号を扱う場合である。 2010年にHPによって買収された電子機器およびネットワークハードウェア会社3Comが2000年に提訴したこの特許は、連絡先リストから電話番号を自動的にダイヤルして呼び出す方法を詳述しています。

UnilocはAppleの連絡先アプリを ‘671特許でターゲットにしている。

本日提出された訴訟は、Unilocが根本的な技術であると考えているものをAppleに訴える第3の試みを総括的に表している。先月、テキサス州の裁判所は、AppleがMap、Apple ID、リモートソフトウェアのアップデートなどの3件の特許を侵害していると主張して、非実務団体に訴訟を提起した。 Unilocは2016年6月に、Appleのメッセージ製品がVoIPプロトコルを利用してインスタントボイスメッセージシステムに関する4件の特許を侵害したと主張して訴状を提出した。

Unilocは、おそらく米国で最もよく知られているアクティブな特許トローンの1つであり、10年以上にわたりハイテク企業に一貫して目を向けています。過去の訴訟は、Activision Blizzard、Aspyr、Electronic Arts、McAfee、Microsoft、Rackspace、Sega、Sony、Symantecなどをターゲットにしていました。

最新のAppleに対する訴訟で、Unilocは不特定の損害賠償、訴訟手数料の払い戻し、その他の裁判所に適合した救済を求めている。