Screen 4はMacに新しい機能を追加

0
1024

Macにリモートで接続するには、多くのソリューションがありますが、今週初めにMac向けにリリースされたScreen 4は、アプリをさらに使いやすくするために、新機能を多数搭載している。

カーテンモード

リモートマシンで機密情報を扱っている場合、カーテンモードはそのデータを安全に保つのに役立ちます。ボタンをクリックするだけで、離れた場所にいる人の目を気にすることなく、リモートマシンをブラックアウトして作業を続けることができます。終了したら、カーテンモードボタンをクリックするだけで、リモートエンドで画面が再び見えるようになります。

ワンクリックパスワード

ユーザーアカウントのログインパスワードを入力する代わりに、パスワードボタンをクリックするだけで自動的にパスワードを入力して送信し、リモートユーザーアカウントにログインすることができます。

タッチバーのサポート

フルスクリーンモードでリモートマシンを制御したいMacBook Proのオーナーは、スクリーン4でタッチバーのサポートを追加していただければ幸いです。ユーザーはカーテンモードのような機能を有効にし、タッチバーから直接リモートマシンとインターフェースすることができます。これにより、メニューバーからコントロールを起動することなく、マシンをフルスクリーンモードに保つことができます。

グループ

豊富なVNCユーザーはグループを追加することができます。グループは基本的に複数のリモートインスタンスを含むフォルダです。これにより、「Work」フォルダ内のすべての作業マシンと、「Home」フォルダ内のすべてのホームマシンをグループ化するなど、体系をとどめることができます。

ファイルのドラッグ&ドロップ

ローカルマシンとリモートマシンの間でファイルをドラッグアンドドロップすることで、ファイルを簡単に転送できます。Screen 4には便利なファイル転送ウィンドウも導入されているため、保留中の転送の状態を確認したり、以前に開始した転送を参照したりすることができます。