iPhone 8の噂:リリーススケジュールが遅れば大ヒットになる

0
314

iPhone 8の3Dタッチ機能はAppleにとって大きな苦痛をもたらしました。 AppleInsiderによると、Appleはまだ3D TouchをiPhone 8でも正常に動作させようとしており、これにより生産スケジュールが10月または11月に延長される予定です。 AppleInsiderは以前、TPK HoldingsがOLED iPhone 8で3Dタッチを実装すると$ 18から$ 22の間で料金を請求していると報告していた。同社は現在、$ 7〜$ 9の料金を請求している現在のiPhoneごとに。価格の上昇は、3DタッチをOLEDディスプレイに実装するには、センサを「ガラスサンドイッチ」の間に置く必要があるという事実に起因する。

今年後半にiPhone 8が出てこない場合でも、アップル社は心配するべきではないかもしれません。ホリデーショッピングのシーズンに出れば完璧なものになるかもしれません。投資家は、それを引き起こす可能性の高い需要について予測しはじめています。特に、iPhoneメーカーがOLEDディスプレイを開発したのは今回が初めてであるため、アップル社はまったく新しいiPhone 8を生産する隠れたコストに遭遇した可能性も間違いないです。 

iPhone 8の起動ウィンドウに関する相反する理論があります。日経の最新調査によると、ディスプレイ、ワイヤレス充電、プリント回路板などのカスタム注文部品の多くは9月までに準備ができないため、アップルは9月の従来型の発売期間を逃す可能性があるとの見方もある。

調査会社IHS Markitのアナリストは、サムスンが曲がったスマートフォンディスプレイの製造に特化していることから、Samsungが新しいiPhoneの独占的なOLEDサプライヤであることを確認しました。しかし、アナリストは、これまでに7,500万曲に近い湾曲したiPhoneディスプレイを開発したにもかかわらず、「サムスンはAppleが望むものを提供するうえで課題に直面している」と述べている。

これは、AppleがiPhone 8の生産中にロードブロッキングに直面したと聞いた初めてのことではありません。これは、評判の良いKGIアナリスト、Ming-Chi Kuoの以前の報告書に続くものであり、iPhone 8はこれらの供給問題のために10月か11月に外出すると報告しています。これまでDigitimes社は、新しいOLED搭載のiPhone 8用に独自の指紋センサーを開発することにAppleが遅れを取っていると報告しました。また、日本のニュースサイトMacotakaraは、iPhoneの3Dカメラセンサーの新しいサプライヤであるSTMicroelectronicsは、大量生産。これらのすべての生産上の問題で、iPhone 8が2018年までに出てこないことを示唆しているレポートもあります。