新しいサイズのOLEDスクリーンを備えた2018年の「iPhone 9」

0
629

iPhone 8についての噂がまだ深いうちに、2018年のiPhoneを考えるのはばかげているように思えますが、Appleは、はるかに長いタイムラインで動いています。

The Bell(Korea Herald経由)は、AppleがiPhone 9用のOLEDパネルを提供するためにSamsungと契約を結んでいると報告している。このレポートには、5.28インチと6.46インチの大型OLEDディスプレイが搭載されているという。

iPhone 8のために、フロントパネルに近いベゼルレスの5.8インチのOLEDスクリーンに焦点を当てたデザインで、ステンレススチールとガラスで作られた画期的な新しいフォームファクタを期待しています。

まったく新しいスクリーンサイズの提案は驚くべきことだが、アップル社はその後も世代でOLEDを使い続けることは論理的だと思われる。

同レポートによると、iPhone 9は、5.28インチと6.46インチのディスプレイサイズの2種類のOLEDモデルが登場する予定です。三星(サムスン)のOLED出荷も1億8000万台に倍増する見通しだ。

5.28インチと6.46インチのスクリーンの非常に具体的な話が、もし本当なら、アップルが2018年にiPhoneフォームファクターに別の変化をもたらしてくれるという点で興味深い。

今年は、4.7インチのiPhone 7と5.5インチのiPhone 7 Plusに、根本的に新しい「iPhone 8」と並行して2つのアップデートを発表する予定です。

今年は、これらの「7Sの携帯電話」がLCDパネルを使用する一方で、来年の2つの新しいOLEDパネルの概念は、Appleが来年早々全OLEDのiPhoneラインナップに移行することを意味する可能性がある。

サムスンは、iPhone 8の場合、2017年に7,000万台以上のOLEDスクリーンを製造する契約を結んでいると伝えられているとの報道によると、OLEDの出荷台数は2018年には倍増するとのこと。

現時点では懐疑的な2018年のiPhoneに関するレポートは間違いありませんが、次世代携帯電話に関する初期の報告は過去に正確であることが判明しています。