macOS用Screen 4.0は、カーテンモード、ドラッグ&ドロップファイル転送、タッチバーサポートなどを追加

0
1104

今日リリースされたScreen 4.0は、スクリーン共有アプリケーションを完全に書き直したもので、iOS版だけでなく、いくつかの専用のmacOS専用機能が追加されています。それは以前よりも使いやすなっています。

今日のアップデートでは、スクリーンはカーテンモードのようなアプリのiOS版でデビューした機能を追加しています。リモートのMacにログインし、カーテンモードを有効にすると、リモートコンピュータで画面に表示されているものを見ることができます。

ワンクリックパスワードもmacOSバージョンに追加され、ユーザーアカウントのパスワードを何度も入力する必要はありません。代わりに、セットアップが完了したら、ボタンをクリックするだけです。複数のコンピュータへの接続を作成すると、スクリーンがグループをサポートし、すべてをきちんとまとめることができます。

このアップデートでは、Macユーザーにとって素晴らしい特典がいくつか追加されています。 1つ目は、ドラッグアンドドロップによるファイル転送です。いずれかのMacから別のMacにファイルをドラッグするだけで転送できます。プロセスを単純化することはできませんでした。私のテストでは、ファイル転送はリモート接続で驚くほど高速でした。 Edoviaによると、テストでは、Screenを使った転送は、Finder自体を使うよりも速くできると言われています。

追加されたもう一つのユニークな機能はタッチバーのサポートです。スクリーンは、タッチバーが非常に意味のあるアプリです。リモートで別のコンピュータに接続している場合は、そのマシンへの視界を最大限にする必要があります。つまり、画面をフルスクリーンモードで実行することを意味します。タッチバー対応のMacBook Proがなければ、画面のツールバーに簡単にアクセスすることを諦めることになりますが、Touch Bar Macをお持ちの場合は、両方の機能を最大限に活用できます。画面のツールバーはタッチバーで利用できます。つまり、カーテンモードの切り替え、リモート画面の拡大、接続されたコンピュータ間のクリップボードの内容の送受信、リモートマシン上の多くのmacOSシステム機能の制御などができます。

画面では、他にもフードのパフォーマンスが向上しています。画面はOpenGLグラフィックスを使用して、リモートコンピュータの画面の描画を高速化するようになりました。画面にはモーメンタムスクロール機能が初めて搭載されているため、スクロールするウィンドウを遠隔からより自然に感じることができます。最後に、AppleがiCloudを使用できる制限を緩和したことにより、Edoviaのウェブサイトでスクリーンを購入した場合でも、iCloudを使用してMacとiOSデバイス間で保存されたスクリーン接続を同期できるようになりました。

スクリーンは私のMacにリモートで接続するための私のお気に入りのアプリです。 iOSとMacのバージョンの継続的な改良により、ソリッドで使いやすいアプリケーションは時間の経過とともに改善されただけなので、他の場所を見る必要はありませんでした。昨年のiOS版スクリーンのメジャーアップデートは、しばらくの間、macOSバージョンよりも早く飛躍しましたが、現在MacOSバージョンのスクリーンはiOSバージョンと同じくらい優れていますが、Macに特有の強みもあります。

ScreenはMac App Store、Edoviaのウェブサイト、およびSetappサブスクリプションサービスの一部として入手できます。画面3を購入した既存ユーザーの場合、Edoviaはバージョン4にアップグレードするために40%割引を提供しています。