ドローンを運ぶことは、美しく安定したビデオを得るための巧妙な技術

0
301

ブラジルの少数の子供たちが、ハンディカムを使うためのお金とリソースがないけど、映画制作をしたい人に、回避策の技術を発明したかもしれません。ブラジルのプロダクションスタジオSpace Criativeは、伝統的なハンディカムの代わりにDJI Phantom無人機を使用しています。 ハンディカムは数千ドルの費用がかかり、高度な技術を必要とする技術者が必要ですが、この重要な機器がなければ、映画では非常に一般的な安定した追跡ショットを得るのは難しいです。

驚いたことに、無人機を持って走って撮影した結果は、このはるかに高価な標準とほぼ同じに見えます。もちろんドローンとしても飛んでいます。ビデオの最後のショットは、プロフェッショナルな映画の高価なクレーンで撮影したのと同じように、航空写真にズームアウトするのに使用できます。

もちろん、何千もの機能を1つのハックで置き換えることはできません。この革新的な方法には重大な問題がいくつかあります。ハンディカムにはLEDディスプレイ画面が付いているので、撮影監督はショットがどのように枠組みされているかを確認し、自分の足を自分の撮影として見ることができます。小さなカメラは完全に角度をつけてビデオに写っている方向だけおを撮る必要がありますが、これは非常に困難です。 Dronesの超高解像度カメラは、ユーザーにポストプロダクションでのクロッピングのため、いくつかの揺らぎが発生します。残念なことに、素晴らしいショットを取得することは、単純ではありません。

それでも、努力をすれば、ドローンでプロのような追跡ショットを作成することは可能です。

ドローンで撮影した動画はこちら