10.5インチのiPad Proの生産を2017年には5〜6Mの目標を達成?

0
267

アップルの製造パートナーは、10.5インチのiPad Proの生産を毎月50万台から7月までに60万台に増やすと伝えられており、最終的に2017年全体で500万〜600万台を生産する噂だ。

タブレットの量産は3月か4月に始まった、とDigiTimesは金曜日に報告した。 500万から600万台の目標は、KGI証券アナリストのMing-Chi Kuo氏による最近の見積もりと一致している。Kuo氏は、6月5日のWWDC 2017基調講演でAppleがこの製品をデビューする可能性が高いと主張した。

Appleの最新の12.9インチiPad Proの生産スケジュールはあまり明確ではないが、金曜日の報告書で引用されている「マーケットウォッチャー」は6月から量産を開始する予定で、6月5日にAppleが発表した場合、限られた数量。 「安定した」出荷は、おそらく9月の四半期に起こるだろう、と人々は言った。

9.7インチ「予算」iPadの需要は、第6四半期末にピークを迎え、第3四半期にピークになると予想されている。この製品の成功は、iPad mini 4の段階的廃止へのAppleの動きを加速させる可能性が高いと、DigiTimesの他の関係者はコメントしている。同社は、売上高の減少によりiPadミニラインを終了すると考えられている。

新しい10.5インチと12.9インチのProの特徴はほとんど知られていませんが、より速いプロセッサ、修正されたApple Pencil、および/またはより薄いベゼルを含める必要がありますが、10.5インチモデルに限定される可能性があります。