NASDAQが2.5%下落したため、AAPL株は1日で3.3%下落

0
342

AAPLの株価は昨日3.3%下落し、火曜日の市場終値は155.47ドルから、水曜日の終値は150.25ドルへと低下した。

ビジネス・インサイダーは、これが、トランプ政権が海外で送金した現金控除のための税制措置について、AppleのCFO Luca Maestriは、同社が海外の持分の一部を低税率で本国に送金することができれば、その一部を株主に返却することを提案した。

しかし、ワシントンDCでの最近の動き、特にトランプ大統領が元安保保安顧問マイケル・フリン(Michael Flynn)に対するFBIの調査を終了させようとしているとの主張は、税制改革が切迫する可能性を減らした。

この特定の問題が発揮されたかどうかは言い難い。市場は不確実性と混乱を嫌い、米国大統領の潜在的な弾劾は、むしろそのカテゴリーにしっかりと落ちているようだ。弾劾のための最初の正式な呼びかけは昨日、Al Green議員が行った。

ナスダック100は2.5%下落し、7つの株式を除くすべてが価値を失った。