Android O devプレビューは別のOTAアップデートを取得し、部分的なAndroid Pay機能を復元

0
400

更新された後、Android Payは全部ではなく一部では機能しているようです。私たちのうち2人は、更新前にクレジットカードとデビットカードをモバイルウォレットに設定した人はうまく動作しているようですが、以前にカード設定をしていなかった人では、アプリはカードをアプリに追加することはできないようです。

Android Oに登場するいくつかの新機能の発表に加えて、Googleは開発者プレビューの2番目のビルドを推進すると発表した。これは、プログラムがベータ版になったことを意味し、人々はOTAアップデートを介して新しいベータビルドを登録するように登録することができました。 1日後、PixelとNexusのオーナーは別のアップデートを受けています。

Android O開発者プレビューの最初のベータ版は、バージョン番号OPP2.170420.017でした。このプログラムに登録されているPixelとNexusのユーザーに展開される最新のビルドは、バージョンOPP2.170420.019です。現在、Googleが別のアップデートを展開している理由はわかりませんが、Android Payの一部を修正しているようです。

前年の開発者のプレビューでは、ビルドは互換性テストスイート(CTS)が承認されていなかったため、Android Payなどの一部のアプリケーションは動作しませんでした。しかし、昨日のベータ版のリリースでは、公式のリリースノートによれば、それは完全にCTSに準拠しており、Android Payは機能するだろうと述べている。残念ながら、そうではありませんでした。

我々はまだ相違点を探していますが、この新しいビルドは、ユーザーがAndroid Payアプリケーションを開き、報酬とギフトカードを使用できるように見えます。残念ながら、ユーザーはクレジットカードやデビットカードを追加したり使用したりすることはできません。

一部のNexusユーザーにとっては、OTAアップデートも失敗するようです。それはGoogleによって確認されていないが、1つのコメントはビルドフィンガープリントに問題があるために失敗していることに注意している。報告されたように、ユーザのNexusは、最後のOPP2ビルドを表示する必要がある場合、前のビルド番号を「7.1.2 N-something」と表示しています。