モバイルマーケットで何をすべきか?

 

水と空とモバイル技術で共通するものは何ですか?それではすべて生きているための不可欠な要素です。調査結果では、回答者の85%が携帯端末を生活の中心的な要素としています。2016年のアメリカでは、スマートフォンで月間平均87時間の閲覧時間ですが、ノートパソコンやデスクトップの使用率は月間でわずか34時間です。

ビジネスオーナの目標は、そのモバイルユーザの前に立って、ユーザーエクスペリアの面で期待を満たすメソッドで行うことです。

ここでは、モバイルのマーケティング戦略を調整するための3つのヒントを紹介します。

モバイル対応ウェブサイトへの投資

まず第一に、世界中のマーケティング戦略やプロダクトミックスが、モバイルフレンドリーなユーザーエクスペリエンスを念頭に置いて設計されていないため、Webサイトと戦うには十分ではないことを覚えておくことが重要です。ある調査によると、消費者の37%がモバイル向けに最適化されたサイトから購入する可能性が高くなります。これは、モバイルユーザーの71%がデスクトップやラップトップと同じようにウェブサイトをモバイルデバイス上で迅速に(または高速に)ロードすることを期待していることと相まって、今日の技術的な状況ではモバイル対応のウェブサイトが必要です。

応答性の高いWebサイトとは、サイトが完全な機能を維持しながら異なる画面サイズに自動的に調整できることを意味します。レスポンシブウェブデザインの要素は、ページが素早くシームレスに読み込まれ、ウェブサイトのレイアウトがナビゲートしやすいことを保証することです。

効果的なモバイルランディングページは品質スコア(GoogleがAdWordsの広告ランクを決定するのに役立つユーザーエクスペリエンスベースのアルゴリズム)によい影響を与えるため、有料検索キャンペーンに有効的に投資することができます。

PPCキャンペーンのモバイル戦略を確立する

これを達成する1つの方法は有料検索キャンペーンによるものです。携帯端末での検索にむけ入札単価を引き上げることで、モバイルへの広告数をたかめることができます。ピーク時にモバイルデバイス使用量がピークに達したときに、外部のデータ使用率調査や独自の検索キャンペーンから収集した履歴データを使用して、広告を表示することもできます。これらの入札戦略は、モバイル広告表示オプションなどの他の戦略と組み合わせると、すべてのデバイスで成功した検索キャンペーンに追加される可能性が高まります。

ジオフェンシングのようなアプリ内マーケティング戦略を調べる

モバイルユーザーをターゲットにするもう1つの方法は、アプリ内マーケティングです。ある報告では、アプリはデジタルメディアに費やされる時間の半分を消費するとあります。マーケティング・ドルを使って消費者がアプリケーションのどこにいるかを理解することは理にかなっています。このマーケティング戦略は非常に用途が広いため、マーケティングのニーズや目標に合わせて広告主様のリーチを拡大することができます。

アプリケーション内の施策の一つに、ジオフェンシングがあります。ジオフェンシングを使用すると、アプリケーション広告が表示される場所の範囲に境界線を描くことができます。境界線は、競合他社、お客様のビジネスに関連する場所、または顧客が顧客ベースとの親和性を共有する場所の周りに描くことができます。幅広包括的スペシャルの最後には、ブランド認知度に焦点を当ててアプリケーションの内部プレースメントがあります。マーケティング目標にかかわらず、技術的に適切な方法でお客様のニーズに合ったアプリケーション内マーケティングソリューションが提供されます。