パイオニア、7インチシングルDINモデルを含む5つの新しいアフターマーケットCarPlayレシーバを発売

0
540

PioneerはApple CarPlayを搭載した新しいオプションでアフターマーケットレシーバーのラインナップを拡充しています。新しいラインナップには、古い車によく見られる電動7インチディスプレイを備えたシングルDINアフターマーケットレシーバーも含まれています。

新しいパイオニアのアフターマーケットレシーバは、画面サイズが6.2インチから7インチの範囲にあり、すべてが抵抗膜方式のタッチディスプレイ(容量性が望ましいが、通常はより高価)を備えています。パイオニアはまた、以前のモデルに関する私の主な不満の1つに対処するかもしれない "再設計された、使いやすいインターフェース"でシステムの外観を更新したと言います。

NEX受信機ラインナップの各ディスプレイは、クリア抵抗膜方式のタッチスクリーンと24ビットのトゥルーカラーLCDパネルで構成されているため、従来の抵抗膜式タッチスクリーンに比べて応答性が高く、色深度が増してより鮮明な画像が得られます。 5つのモデルには、簡単なアクセシビリティと操作のために、大きなソースとシステム設定のアイコンを備えた再設計されたUIがあります。

合計で、5つの新しいPioneer NEXレシーバがあります。

  • ダブルDIN 7インチLCD AVH-2330NEX(500ドル)
  • ダブルDIN 7インチLCD AVH-2300NEX(500ドル)
  • ダブルDIN 6.2 "LCD AVH-1330NEX(400ドル)
  • ダブルDIN 6.2 "LCD AVH-1300NEX(400ドル)
  • シングルDIN 7インチLCD AVH-3300NEX($ 600)

新しいモデルはApple CarPlayをサポートしていますので、新しい車を購入することなく既存の車をアップグレードすることができ、GoogleのAndroid AutoはAVH-3300NEX、AVH-2330NEX、AVH-2300NEXモデルで動作します。

パイオニアは、5つの新しいユニットすべてが、今年夏の7月に出荷を開始すると述べています。その間、既存のCarPlayレシーバをオンラインで割引することができます。