オール電化〜$ 15,000ソロ三輪車が数週間で市場に登場

0
221

イタリア(現在はカナダに拠点を置く)の自動車部門であるInterMeccanicaが、2016年夏に全電気式三輪車「SOLO」を生産開始する予定です。連邦認証の米国とカナダののみになります。

CEOのJerry Krollは、今月末までに認定され、数週間後に配送を開始できるはずだと述べています。

ソロの平均的な買い手は誰であろうとはっきりしていないが、同社が預金で500を超える予約を受けてから、何らかの関心を集めている。

それは確かに、19,888ドル(15,500ドル)の小売価格で利用可能な最も安価な新しい全電気自動車の1つになります。

まだ明らかではないが、車両が認定を受けるまで確実にわからないが、多くの州や州でEVインセンティブの対象となり、10,000ドル以下の価格を下げる可能性がある。

同社は生産バージョンでの車両のデザインを洗練し、16kWhのバッテリーパックを使用して1回の料金で最大100マイル走行することができると主張しています。

130km / h(80mph)の最高速度を持ち、「8秒以下」では0〜100km / h(0〜60mph)で加速する。

オンボード充電器はレベル1と2の充電を可能にします。レベル2で約3時間で完全充電が期待できます。

ブリティッシュ・コロンビア州の新しい工場で生産した生産ラインは、月に約10台の生産を可能にするだけですが、同社はバックログを迅速に処理するためにこれを増やす予定です。

今日の新規受注は2018年第1四半期に引き渡される予定です。

今年の初め、Electra Meccanicaは、1回の料金で最大400km(250マイル)の範囲と、$ 50,000カナダ($ 37,000米ドル)の開始価格を持つ新しいオール電化ロードスターを発表しました。彼らは今、彼らが「電気自動車のマツダMiata」を作り出そうと試みたとして、彼らが車両のために1,000ドルの預金のたびに「ほぼ100注文」を受け取ったと言います。