マイクロソフト、LinuxディストリビューションをWindows 10にも

0
574

マイクロソフトは、Linuxのサポートを2倍にして、最も人気のある3つのLinuxディストリビューションをWindowsストアでリリースすると発表した。これは、Ubuntu、Fedora、およびOpenSUSEがまもなくWindows 10で利用可能になることを意味します。

ビルド2016では、驚いたことに、MicrosoftはWindows 10にBashシェルのサポートを追加していると発表しました。そのサポートは、Windows 10 Anniversary Updateのリリースに正式に出ます。そして今、Build 2017で、マイクロソフトは1つ(または2つ)優れています。 LinuxのクイックガイドWindows 10のBashシェルLinuxのクイックガイドWindows 10のBashシェルWindows上でLinuxを実行できるようになりました。 

WindowsストアのLinuxディストリビューション

マイクロソフトでは、FedoraとOpenSUSE、UbuntuがWindowsストアで入手できます。開発者はWindows 10で「開発者モード」を有効にしてから、Linuxのサポートを有効にする必要があります。 Windowsストアで、サポートされているLinuxディストリビューションのいずれか1つ、または3つすべてをインストールすることができます。これにより、仮想マシンをサイドロードして、Linuxをその上で実行する必要がなくなります。

マイクロソフト社のテリー・マイヤース氏は、「WindowsストアにUbuntuをインストールすることで、Ubuntuのインストールを単純化した。また、Linux用のWindowsサブシステム上で実行されているSUSE LinuxとFedora LinuxをWindowsストアに持ち込むことを発表しました。現在、Windowsは、WindowsアプリケーションとLinuxアプリケーションを並行して実行できる唯一のプラットフォームです。

LinuxディストリビューションをWindowsストアに持ち込むことで、新しいWindows 10 Sでも動作することになります。これは、学生向けのWindows 10のより簡潔で合理的なバージョンです。