太陽光発電によるeBikesはアフリカの経済発展に貢献する可能性がある

0
808

新しく低コストの太陽光発電と人力車を提供するスタートアップは、この車両をアフリカに持ち込み、遠隔地における大陸の経済発展に貢献するために、エネルギー・環境パートナーシップから資金を受けています。

Solar-E-Cycleと呼ばれる車両は、電子自転車として機能しますが、バッテリパックとソーラーパネルの両方で補助されます。

アフリカで過去28年間過ごしたQuebecerのRoger Christenは、遠隔地に住むアフリカ人が毎日直面しているいくつかの重要な問題をこの1つの製品で解決する機会を見ました。彼らは水を得るために長距離を歩かなけないといけません 。

水を手に入れるために毎日歩き回らなければならない人に主に歓迎され、アフリカが太陽電池パネルとバッテリーパックの両方で製品にアクセスできる機会を増やす仕様になっています。

"あなたは電話を充電したり、ランプやウォーターポンプを差し込むことができます。ミシンを接続してビジネスを始めることさえできます」

それらは、オフグリッドシステムを利用可能にするアフリカにおいていくつかの取り組みになります。たとえば、TeslaからSolarCityにバックアップされたスタートアップは、すでに数十万の小さなオフグリッドシステムをリースしています。

しかし、ChristenのSolar-E-Cycleは、このコンセプトを実際の車両と組み合わせることでもユニークです。

主な問題は、手頃な価格で十分なコストダウンです。これを達成するために、彼らは中古の自転車フレームを使用します。彼らは、最新のSolar-E-Cyclesは1日あたり50km(31マイル)を走行でき、最高速度は50km / h(31mph)に達することができると言います。

さらに、彼らは、自転車の製造に資金を提供し、1日あたり0.50ドルから1ドルの低コストでそれらを賃借するために、経済開発努力と協力している。

クリステン氏によると、ケニアで70台を展開するための融資を受けているという。