今年はiTunesとApple MusicがWindowsストアに登場

0
285

先週、マイクロソフトは、Windows Storeからソフトウェアを実行するだけのWindows 10 Sと呼ばれる新しいオペレーティングシステムのバージョンを明らかにした。つまり、AppleのiTunesやGoogleのChromeのようなアプリケーションは動作しない。しかし、今日のMicrosoftの開発者向けビルドカンファレンスでは、AppleはiTunesをWindows Storeにもたらすことになったと発表した。

iTunesの新しいバージョンは、発表によると、今年の終わりまでにWindowsストアから利用可能になり、Apple MusicとiPhoneの同期を完全にサポートする。

iTunesは、iPodの時代から2003年にかけてWindows用に利用可能であり、積極的にWindows用に開発されてきましたが、Windows Storeをサポートすることは、ソフトウェア配布用のすべてのApp Storeモデルへの移行の大きなステップです。

アップルにとって、同社はPCでフルiPhoneサポートを維持し、サブスクリプションミュージックサービスが新しいWindowsマシンでサポートされることを確実にしたいと考えている。 Apple MusicはAndroidなどでもサポートされています。

一方で、iTunesが別々のアプリケーションに分割され、Windowsのサポートが後退するのを楽しみにしているmacOSユーザーには、この発表はうれしいニュースではないかもしれません。

マイクロソフトは、Xamarin Live Playerと呼ばれるiOSアプリケーションを開発するPCユーザー向けの新しいソリューションも発表しました。同社のIDEはVisual Studioと呼ばれ、現在はMac用に利用可能です。