ドイツのスタートアップは、新しく約17,000ドルのオール電化都市車の注文を開始

ドイツのスタートアップe.Go Mobile AGは有名なエンジニアとRWTHによって設立されました。アーヘン大学のGüntherSchuh教授は、インセンティブの前に15,900ユーロ(約17,000ドル)のオール電化都市車を市場に投入しています。

彼らは今週、車両のために1,000ユーロの預金を注文し始めた。

小型電気自動車の短距離都市車の場合にはケースがあります。ダイムラーは、電動スマートForTwoでいくつかの成功を収め、それは北米ですべてのスマートブランドを全電気に変えています。

e.Go Mobile AGはe.Go Lifeと同様の市場をリードしています。

この車両は、14.4kWhのバッテリーパックオプションでは130km(80マイル)、さらに大きな19.2kWhバッテリーパックオプションでは170km(105マイル)というかなりの範囲を提供していません。全体的な効率。

重量は1,100 kg(2425 lbs)で、10 kWh未満で約100 km走行することができます。

間違いなく、それはまたスマートよりもよく見えます:

同社は、15,900ユーロ(〜17,000米ドル)の価格を達成するために、インダストリー4.0製造プロセスに注力してきました。

彼らは4,000ユーロのEVインセンティブが開始価格を11,900ユーロ(約13,000米ドル)まで引き下げるドイツ市場から始まっています。

今週は1,000ユーロの預金で予約を開始することで、市場の需要をテストしています。