Imagination Technologiesが正式な紛争を提起するにつれて、Appleのサプライヤーとの戦いが激化

0
716

Imagination Technologiesは、クアルコムがAppleとの特許ロイヤリティー紛争の一環としてiPhoneの輸入禁止を求めている昨日のニュースの後、iPhoneメーカーとの独自のライセンス取り決めに関する正式な紛争を提起した。

ロイター通信は、非公式会談が失敗した後、同社が決定を下したと報じた。

イマジネーションテクノロジーズは、両社間のライセンス交渉を争うことに失敗した後、最大の顧客であるアップルと「紛争解決手続き」を開始したと語った。

木曜日に、現行のライセンスとロイヤルティ契約に関する代替の商業的取り決めに関してアップルと満足のいく進展を達成できず、より構造化された契約を通じて合意に達するためにライセンス契約に基づく紛争解決手続を開始します。

両社の間の紛争は、AppleがiOSデバイスのイマジネーションからライセンスを取得するGPU設計によるものです。 Appleは現在、デバイスあたり約30セントを支払っているが、先月Imaginationに、2年以内に独自のデザインを使用することを開始する予定であることを通知した。その時点で、ロイヤルティの支払いは中止されます。 Imaginationは、Appleが設計特許に違反することなくデバイスを製造することができないと主張しています。

イマジネーションの株式はニュースで70%落ち込んだ。 UBSはその後、アップルが最初にロイヤルティの支払額をデバイスあたり30cから10cに引き下げ、イマジネーションがアップルの収入源なしに損失を被ると言いました。

チップ設計者は、収益の半分から3/4をAppleに頼っている6社のうちの1社です。

紛争解決手続きがどのような形態を取るかは分かっていませんが、どちらの当事者にも訴訟手続きを開始する前に、両当事者に特定の正式手続きを要求することは珍しいことではありません。

Appleは自社のチップ設計を社内でより多く動かすことで、ある時点でARMベースのMacを作り始めるだろうという考えに重きを置きます。