Chrome 59ベータ版はMacでのネイティブ通知、64ビットWindows移行、APNGなどをサポート

0
442

Chrome 58をデスクトップとAndroidに展開すると、バージョン59は現在ベータ版に入っています。ブラウザはMac OSのネイティブ通知を利用しますが、一部のWindowsユーザーは自動的に64ビット版のChromeにアップグレードされます。

Chromeは、Webやその他の拡張機能から通知を送信するために、独自のシステムを使用してきました。バージョン59以降、開発者がNotifications APIまたはchrome.notificationsを使用して警告を送信すると、ブラウザは最終的にmacOSのネイティブ通知システムを使用します。

視覚的に、通知は正方形のカードとして表示されなくなり、ショートカットが失われて設定にすばやくアクセスできます。 Googleは、開発者向けの移行ガイドを公開しています。これは、使用率の低いAPI機能の一部が、macOSの使用環境を悪化させるため、推奨されていないためです。

このバージョンでは、アニメーションPNGのネイティブサポートも追加されています。 APNGはGIFに似ていますが、24ビットイメージと8ビット透明度の両方をサポートしています。

現在、4GB以上のメモリと自動更新が有効な64ビットWindowsマシンでChromeの32ビット版を使用しているユーザーは、自動的に64ビットChromeに移行されます。 32ビット版はChromeダウンロードページから引き続き入手できます。

更新:この移行は、今日リリースされたChrome 58の最新バージョンでも発生しています。

デベロッパー向けのもう1つの機能により、開発者はHeadless Chromiumを使用してコマンドラインからブラウザーを実行できます。このツールは、自動化されたテストを実行することを目的としており、可視UIが不要なサーバー環境にも適しています。サポートはMacとLinuxで利用できます.Windowsの実装は間もなく開始されます。

Chrome 58は約4週間で安定したチャンネルに当たるはずです。