Logitech、新しい2017 iPad用の4年間のバッテリー寿命を備えたSlim Folioキーボードケースを発売

0
752

アップルが最近リリースした第5世代のiPadには、Logitechの新しいサードパーティ製のキーボードが提供されています。 Slim Folioは、より効率的な入力を可能にする新しい2017 9.7インチのiPadにスナップするBluetooth対応のキーボードです。

しかし、LogitechのiPadキーボードのケースで最も魅力的なのは、バッテリーの寿命です。 LogitechはBluetooth Low Energyを採用しているので、ユニットのコイン型電池は日常的に2時間使用して最大4年間使用できると述べています。 iPadをどのように使用するかによって、iPadの所有期間中、Slim Folioのキーボードについて心配する必要はありません。

Logitechがラップトップのようなレイアウトとしてラベル付けしたもので構成されたSlim Folioは、間隔が広く、端から端まで伸びた大きなキーを備えています。頻繁に使用される機能にすばやくアクセスできるように、iOS中心のショートカットキーがキーボードの上部に配置されています。

製品の寸法:

高さ:9.76インチ

幅:7.17インチ

奥行き:0.79インチ

重量(バッテリーを含む):0.96ポンド

スリム・フォリオ(私たちのレビュー・ユニットはすぐに到着するはずです)と一緒に手をつけていませんが、プレス写真ではキーボードのキー・トラベルがまるであるかのように見えます。

スリムフォリオはまた、すべての目的と目的のために、ケースです。 iPadはSlim Folioのシェルケースにはめ込まれ、マグネットを使って理想的な入力位置にデバイスをロックする柔軟なスタンドを提供します。 Logitechは、ラップに置いたときにうまく機能すると言いますが、これは伝統的に一般的にフォリオケースの強力なポイントではありませんでした。

ポンドの下では、Slim Folioが目立つが、旅行や日常の使用に重大な障害となるほどの重量とバルクは加えられないだろう。スリムフォリオの99ドルの価格は、エントリーレベルのiPadのコストを考慮に入れて、ノート型パソコンの交換用デバイスで$ 430以下でフル装備できるということを意味します。

すべての弾丸ポイントは素晴らしいですが、それは私が最も興味を持っているバッテリー寿命です。どうやらこのケースでは充電は必要ありません。ユーザー交換可能なコイン型電池は、何年も続くために十分な電力を供給します。

Logitechによると、Slim Folioは今月発売され、米国では1年間の保証が付いています。