企業プロファイル:Allstate Corporation

0
741

Allstate Corporationは、2番目に大きい損害保険会社であり、同国の最大の生命保険会社の1つです。 2015年P / C部門収入内訳:純保険料収入(91%)。投資利益(9%)。約41,100人の従業員を抱えています。プロパティ/損害保険は、標準自動車、非標準自動車、住宅所有者、およびその他の個人的な行で構成されています。生命保険には、年金、期間、普遍的な生命、および生涯が含まれます。ブラックロックは発行済普通株式の5.9%を所有しています。ヴァンガードグループ5.6%役員および取締役、1.2%。

Chairman and Chief Executive Officer: Thomas J. Wilson.

 Address: 2775 Sanders Road, Northbrook, Illinois 60062. 

Telephone: 847-402-5000. 

Internet: www.allstate.com

オールステートは、第4四半期中に厳しい競争条件を乗り越えました。 P / C保険市場の価格条件は激しく競争が厳しく、自動車保険市場も例外ではありません。それでも、Allstateは12月の間、売上高は6.8%増、営業利益は29.1%増となった。合併比率は、第2四半期に2.1%改善され、89.9%となりました。これは、非常に収益性が高いだけでなく、業界平均よりもかなり優れています。オールステート社はまた、昨年積極的に株式を買収し、株式ネットをサポートするのを手伝った。同社の成長イニシアチブは今年と来年の両方でさらに牽引すべきである。経営陣は、いくつかの自動車収益改善活動を制定しました。これは、近いうちに施行されている政策の後戻りをもたらす可能性がありますが、今後の利益に向けて一歩一歩を踏み出すべきです。その結果、強化策が実を結び始めて以来、今後2年間に着実に増加する複合比率が求められています。経費管理もまたカードの中にある可能性が高い。それは最終的にもいいリフトを提供するはずだ。オールステートのサイズとブランド名の認知度は、3年から5年の間に有利な立場にある。恒星のバランスシートは確かにプラスです。同社には中程度の負債しかありませんが、予想外の損失をカバーするために準備金が適切に表示され、異常に高いレベルの災害は防げます。同社はまた、今後数年間で投資収益からの恩恵を受けるべきである。この広告申込情報は、歴史的に債券の再投資率が低いことによって挫折しました。しかし、当社のポートフォリオを積極的に管理することで、2016年の変動の中で4.4%のリターンが達成されました。2020年から2022年にかけての高い金利が利益につながる可能性が高いことに加え、継続的なポートフォリオ管理が求められます。これらの株式は、リスク調整されたトータル・リターン・アピールの価値があります。 2020年から2022年にかけての恩恵の可能性は何も書かれていませんが、最高(1)の安全ランク、強い価格安定性スコア、まともな配当利回りは、保守的な投資家の関心を引き付けるかもしれません。