企業プロファイル:シティグループ

シティグループは、コンシューマー・アンド・コーポレート・バンキング、保険、投資銀行業務、資産管理業務を行う多様な金融サービス会社です。 Citibank、CitiFinancial、Primerica Financial Services、Banamexなどがあります。トラベラープロパティ&カジュアル、3/02の23%をスピンオフ。 67%、8/02でスピンオフ。売り手の生活と年金、7/05;スミス・バーニー、6/09の51%を売却した。約160の国と地域で約2億の顧客口座を持っています。約231,000人の従業員がいます。役員/取締役は普通株式(プロキシ3/16)の1%未満を保有しています。

Chairman: Michael E. O’Neill. 

CEO: Michael L. Corbat. 

Incorporated: Delaware.

 Addr.: 399 Park Avenue, New York, New York 10022

Tel.: 212-559-1000

Internet: www.citigroup.com

シティグループの株式の価格は、過去1年間ほど大幅に上昇しています。この問題は、多くの金融サービス株と同様に過去12ヶ月間にわたり急上昇しており、広範な市場指数を手軽に凌駕しています。確かに、Cは11月中旬の全面的なレポートから約15%上昇し、52週間の最低から65%近く上昇しています。最近の大統領選挙の終結とより早い経済成長の見通しが、最近の株価上昇の主な触媒であると我々は考えている。それにもかかわらず、銀行大手は2016年に純減少を記録しました。予想通り、収益は今終了した年で減少しましたが、予想よりも早く回復し、前年比で8%低下しました。また、貸倒引当金繰入額は6%減少し、債権引当金は大幅に減少し、利息外費用は5%減少しました。すべては、収益は13%減少した

1株当たり4.72ドルに相当する。しかし、いくつかの奨励兆候があります。その信用度と財務指標は相変わらず残っています。貸出金に対する貸倒引当金は、2015年末の2.06%から1.94%に改善した。同時に、効率率(より低い数値はより良い)は60%から59%に、普通株式Tier-1資本比率は12.07%から12.50%に、簿価は1株当たり69.46ドルから74.26ドルに増加した。シティの与信および財務対策は依然として大手銀行の一部を牽引していますが、貸し手の業績は前回の景気後退の間に急速に悪化したため、かなりの進歩を遂げました。当社は、シティグループの経営成績が当期に回復すると予想している。総資産および預金は、それぞれ6%上昇する必要があります.8%、純収益は、2016年の落ち込んだ数字から3%5%増加する可能性があります。また、与信損失の引当金繰入額が3%5%減少するなど、信用力のさらなる改善が見込まれています。総じて、利益は部分的に回復し、1株あたり5.2%増の10%12%増となるでしょう。 1年連続のラリーにもかかわらず、これらの中立的にランク付けされた株式は、3年から5年の平均潜在収益を上回っています。