プロフィール:バンクオブアメリカ

0
1001

ダウ・ジョーンズ・インダストリアルの平均的な構成要素であるバンク・オブ・アメリカ(BAC-Free Bank of America Stock Report)は、米国で最大の商業銀行の一つであり、50の州とコロンビア特別区、40以上の外国国家。 2007年から2009年の期間は、銀行巨大巨額のために特に乱暴であったが、いくつかのものが順調に回復し始めているかもしれないが、同社は今後数年間でさらに課題に直面している。しかし、中長期的には、Bank of Americaが過去数年間の問題を後押しし、経済活動と成長のイニシアチブがよりポジティブであるため、長期投資家は株価の倍以上の報酬を得られる可能性があります部分的な利益回復のために。

簡単な歴史

バンクス・オブ・アメリカは、1998年9月にNationsBankが旧BankAmericaを買収したときに設立されました。元のBankAmericaは、Amadeo Gianniniがサンフランシスコに移民を斡旋するためにイタリア銀行を設立した1904年にルーツを辿っています。最終的にBankAmericaに社名を変更した同社は、1983年にシアトルに本拠を置くSeafirst Corp.のような長年にわたって、数多くの買収を行った。

一方、ノースカロライナに拠点を置くNationsBankは、長年に亘って設立された銀行に根を持ち、最終的にはノースカロライナ国立銀行(NCNB)、その後はNationsBankになった。 1990年代には、当時のヒュー・マッコール会長の下で、同社はフロリダ州のバーネット銀行やその他の金融サービス会社のような地域のプレーヤーを買収して、米国南東部に進出しました。その後、1998年の秋、NationsBankはBankAmericaを買収し、プレゼンス沿岸を海岸まで拡張し、Bank of Americaの名前を変更しました。同社の現在の最高経営責任者、ブライアン・モイニハン(Brian Moynihan)は、2010年初頭に舵取りを取った。

多様なビジネスミックス

バンク・オブ・アメリカは事業を5つの事業グループに分けている。コンシューマー・バンキング部門は、支店ネットワーク、ATM、全国のコール・センター、およびモバイル・バンキング・プラットフォームを通じて、消費者および中小企業向けのさまざまな製品を提供しています。コンシューマー・リアル・エステート・サービス部門の商品には、モーゲージおよび住宅担保ローンが含まれています。グローバル・バンキング部門は、事業を貸し、トレジャリー・サービスを提供しています。前述の事業ラインは、経済が回復するにつれて有意義な恩恵を受けるはずです。ここ数年の収益に大きな貢献を果たしているが、おそらく6つの事業ラインの中で最も変動性が高いのは、債券、通貨およびコモディティ、株式、投資銀行業務を含むバンク・オブ・アメリカのグローバル・マーケッツ部門である。最後に、グローバル・ウェルス・アンド・インベストメント・マネジメント部門は比較的安定した収益性の高いパフォーマーです。

ストームの中心に

その大きさと幅を考えれば、バンク・オブ・アメリカは2007年以来銀行業界を取り巻く多くの問題を回避することはできなかっただろうし、同社は間違いのために多くの熱を奪っている。景気後退の発生、住宅市場の崩壊、2008年中期の大型サブプライム住宅ローン貸し手であったカントリーワイド・ファイナンシャルの買収により、2008年と2009年の貸倒引当金および貸倒引当金は急速に増加しました。 2008年の初め以来、バンクオブアメリカはモーゲージ修正プログラムに積極的に参加してきました。ここ数年、モーゲージ証券の保有者と住宅ローンの借り手の両方の住宅ローンの文書化に関する懸念が生じています。バンク・オブ・アメリカは、政府スポンサー企業(フレディマックなど)およびその他のモーゲージ投資家に売却された抵当を購入しなければならなかった。近年、バンク・オブ・アメリカは、担保付債務債務およびその他のリスクのあるエクスポージャーについても格付けを取らなければならないか、または損失を被らなければならなかった。また、株主およびその他の者によって提出された訴訟は、2009年初頭にメリルリンチが買収され、費用を押し上げることに関連するものが増えています。一方、買収を除くと、貸出残高は、与信需要の低迷、貸出金の償却、およびカントリーワイドのポートフォリオの一部の流出によって悪化した。

バンク・オブ・アメリカは、TARP(Troubled Assets Relief Program)に基づき政府に売却された優先株式の形で、2008年秋に当初の250億ドルの救済資金を受け取り、2009年1月にさらに200億ドル2008年後半に大幅な損失を経験したメリルリンチの買収であった。バンク・オブ・アメリカはまた、追加の普通株式を売却し、その半分を初めとした後、1株当たりの名目四半期レート自己資本の立場を強化する。 2009年後半には、同社は4500万ドルを返済することができ、政府援助の費用の1株当たり利益(優先配当金の4分の1あたり9億ドル)を排除した。

まだかなりの短期的な課題

バンク・オブ・アメリカはまだ多くの大きな問題に直面しています。住宅市場は大部分が凍結しているため、延滞住宅ローンを解決することが難しくなり、住宅ローン投資家の数が増えて買戻し請求が行われるようになります。数字は気にせず、同社は住宅ローンの買い戻し請求を進展させているようだが、どのくらいプロセスが引きずられるかは不明だ。住宅ローンの問題を解決するための努力の最終的なコストの大きさも不確実です。

さらに、様々な金融改革措置が、サービスチャージ、クレジットカード、デビットカードの収入の減少を含むバンクオブアメリカの収入から大きな影響を受けています。改革措置は段階的に進められており、顧客が銀行サービスに課金する方法の変化に伴い、収益への悪影響を相殺するには数年かかるだろう。こうした不安定な経済活動に加えて、これらの要因は、おそらく問題ローンや与信コストのさらなる低下にもかかわらず、バンク・オブ・アメリカの収益の進歩を1年または2年に制限することになるでしょう。

10年半にわたる展望がよりよく見える

同社の現在の問題を考えると、長期的な可能性を過小評価することは容易であろう。しかし、バンク・オブ・アメリカは徐々にその点に近づいています.2014-2016年の投資期間内に、信用コストが貸出慣行の変化と経済活動の変化を反映して正常、最近の金融改革措置によって失われた収入を相殺する方法を最終的に見つけるとき。より良い経済活動がローン需要を押し上げるとき。より急な利回り曲線がより広い正味利息マージンと正味受取利払いを支えているとき。バンク・オブ・アメリカの法的およびモーゲージ買戻し費用が穏やかになったとき。さらに、メリルズの買収により、バンク・オブ・アメリカはバンク・オブ・アメリカに銀行商品を売却し、メリルに投資していないバンク・オブ・アメリカの顧客にメリルの投資商品を売却する機会を得ました。そして、同社は部分的に人員削減による経費率の引き下げに取り組んでいます。 2011年には、2014年までに50億ドルのコスト削減を目指すNew BACプログラムを開始しました。

物事がバンク・オブ・アメリカの方法を取るならば、中程度の収益改善でさえも、現在の落ち込んだ水準から2014年から2016年にかけての株価の回復は部分的ではあるが、一方、同社は追加の普通株式を売却することなく、新たな自己資本基準を満たすことを期待している。しかし、普通株式の配当の増加は、おそらく今のところはるかに後退している。株式の中には平均10年前に復活する可能性があるが、同社の利益回復には数年かかるだろう。この問題は、住宅ローンの抵当権救済に関する懸念があるため、近いうちにほとんどの株式よりも変動する可能性がある買戻し請求、関連訴訟を含む。