ダウ30の業績:Apple Inc.第1四半期2017年度

0
475

Apple(AAPL  –  Free Apple Stock Report)の株価は、2017年度第1四半期(9月30日終了)の堅調な業績を記録した後、125ドルを超えて新52週ぶりの高水準に上昇した。昨年はまれな景気後退を経験した後、12月中に成長は戻ってきました。ウォンストリートのコンセンサス・ビューを上回り、予想を0.16ドル上回る3.36ドルのシェアを達成しました。スマートフォン出荷台数の増加と高収益サービス事業のさらなる勢いにより、784億ドルの収益も予想を上回りました。

第1四半期中、アップルは記録的な数のiPhone(7,830万台)を売り上げ、キャッシュ・カウ・スマートフォン事業が長期的な景気後退に向かうという投資家の懸念を緩和した。私たちが期待していたように、9月にデビューした次世代のiPhone 7は、強力なスマートフォンアップグレードサイクルの舞台になったようです。実際、より大きなディスプレイとより洗練されたカメラを特徴とするより高価な7 Plusモデルは、トップラインとボトムラインの両方を強化している暴発的なヒットであることが証明されています。また、中国でのスマートフォン・フランチャイズの長期的な見通しは、その重要な国での最近の売れ行きの軟化にもかかわらず、引き続き非常に明るく見えます。

一方、iTunes、iCloud、Apple Pay、App Storeを含むサービス部門は、12月期(前年同期比18%増)で72億ドルの収益を生み出し、激しいペースで成長を続けています。 Apple Payの取引量が急増したことで、この勢いは持続しているようにも見えます。 (アップルペイは、同社のモバイル決済とデジタルウォレットサービスです。)このため、経営陣は現在、サービス収入は今後4年間で2倍になると考えています。これは、新興市場の機会と、独自のコンテンツ(Amazon.com(AMZN)やNetflix(NFLX)に挑戦する)への移行の可能性があるため、Appleの歴史的な成長の話。

今年の実績から、当社は2017年度のシェア・ネット見通しを9.25ドルとすることができると確信しています。後日アップルの回復が加速し、株式買い戻し面ではより積極的です。注目すべきは、Appleは12月期に約2兆4,500億ドルの現金資産で本を終えたことである。また、海外で保有されている現金の一部が税務上の休暇を経て米国に返還されれば、買戻しのペースが上がると予想されます。また、10年目に向けて着実に増配する予定です。

結局のところ、このダウのコンポーネントに多くの雄牛を戻すのは確かです。また、投資家が株式のポジションをつくるための時間はまだあります。評価はかなり魅力的です。

会社概要:Apple Inc.は、iPodデジタル音楽プレーヤー、iPadタブレット、iPhoneスマートフォン、Apple WatchなどのPCおよび周辺機器および消費者製品の世界最大のメーカーの1つで、主にビジネス、クリエイティブ、教育、政府、および消費者市場を対象としています。また、オペレーティングシステム、ユーティリティ、言語、開発ツール、データベースソフトウェアも販売しています。