AppleがTouch ID「問題」をiPhone 8で簡単に解決する方法

0
430

AppleがTouch IDをiPhone 8のディスプレイに埋め込む方法についてもっと考えをしてきました。これまでのところ、さまざまなレポートや噂は、1つのハイテク、1つのローテクの2つの可能性に焦点を当てています。

ハイテクのアプローチは、ディスプレイの下に指紋リーダーを埋め込むことです。私たちはAppleの特許の膨大な量から、これがどのように達成されるかについてAppleにはたくさんのアイデアがあることを知っていますが、概念と完成品の間には大きな違いがあります。確かに、完全に動作するプロトタイプと大量生産で動作するものとの間には大きなギャップがあります。うわさが信じられるなら、Appleはこれを達成するために苦労している。

ローテクのアプローチは、多くのAndroidブランドと同じルートを採用し、Touch IDセンサーをケーシングの背面に移動するだけです。私はこれがひどい考えであると思う理由を前に議論したが、最新の報告は、Appleがこのアプローチを取っていないことを示唆している。

アップルのアイデアはiPhoneの前面全体が表示されるかもしれないが、実際にはデザインの観点から達成する必要があるのはやや野心的なものである。人々が本当に望んでいるのは、ディスプレイが全領域を占めるように見えるデザインです。これはちょっとした手で行うことができます。すでにAppleがこのアプローチを採用している例は2つあります。

最初はApple Watchです。ウォッチ表示がオフの場合、表示されるのは1つのガラスだけです。ディスプレイがアクティブな場合でも、黒の背景は、ディスプレイがどこで終わり、黒いガラスのサラウンドが始まるかを実際には分からないことを意味します。それは非常に説得力のある錯覚です。

その幻想は、ウォッチがOLEDスクリーンを有するという事実によって非常に助けられる。 OLEDでは、黒い部分は完全に消灯しており、実際には黒く見えます。これは、現在のiPhoneのようなLCDディスプレイとは対照的です。黒い領域もバックライト付きです。

2番目の例は、2016 MacBook Proのタッチバーです。一見すると、これはキーボードの全幅を走る単一のOLEDストリップです。近くに見ると、これもやはり錯覚であることがわかります。タッチIDボタンは、タッチバー自体の横にある物理的なボタンです。周囲と調和するように設計された別個の物理的なボタンです。

Appleには、このような錯覚を使用して設計目標を技術的制約と適合させる実績があります。

このアイデアの第2の証拠は、AppleがiPhone 8ディスプレイにTouch Barのアプローチを取ることを実際に計画しているという実績のある出典のレポートです。 5.8インチディスプレイではなく、5.15インチのメインディスプレイがあり、バーチャルボタン専用の「機能領域」があるとKGIは述べている。

言い換えれば、プライマリディスプレイの下のタッチバーは、シームレスにブレンドされるようなやり方で行われます。

これが真実であれば、iPhone 8 Touch BarはMacBook Proと非常によく似た方法で動作する可能性があると思います。

AppleはすでにiPhone 7で、動きのあるボタンをタッチセンシティブなものに置き換えることができることを実証しているので、iPhoneで同じ技術を使用することはもちろん可能です。

これはすべての問題を解決するだろう。デザインの観点から、iPhone 8は単一のディスプレイであるように見えます。しかし、現実には、Appleがすでに所有している実績のある2つの技術、すなわちOLEDタッチバーとタッチセンシティブなホームボタンを採用することになる。