ダウ30の業績:インテルの第1四半期2017

0
110

インテル(INTC-Free Intel Stock Report)は3月期の好調な業績を発表した。収益は約148億ドルで、前年同期比で約8%の改善となりました。さらに、非GAAPベース(非経常的項目を除く)で0.66ドルのシェアを達成し、前年同期から22%以上の増加を示しました。

しかし、第1四半期決算発表後、INTCの株価は値上がりした。私たちは株式がなぜ落ちたのか100%確信していません。 3月期の業績はトップラインで予想どおりに推移しましたが、業績はコンセンサス予想を上回りました。さらに、第6四半期および通年のガイダンスは堅調でしたが、以下の段落でより詳細に説明します。インテルの第1四半期業績に関する良いニュースの多くはすでに株価に盛り込まれていたと考えています。

3月中にほぼすべてのセグメントで収入の伸びが見られましたが、非揮発性メモリソリューショングループは年率55%の進歩を遂げました。 Programmable Solutions Groupは、前年同期と比較して18%の利益を達成しました。また、インターネット・オブ・ザ・ウイズは11%増の7億2,100万ドルでした。さらに、クライアント・コンピューティング・グループおよびデータ・センター・グループは、2016年3月の期間と比較して6%の増収増益を達成しました。減少した唯一のセグメントはインテルセキュリティグループで、前年同期比では1%も減少しました。

総販売価格の上昇により、売上総利益率は61.8%に達し、前年度の売上高に比べて250ベーシスポイント先行した。より高い収益基盤は、固定費がより吸収されたため利益を上げるのにも役立った。

また、第2四半期の売上高は144億ドル、非経常的項目を除いた後の株主利益は0.68ドルとなる見通しです。通年では、売上高は600億ドルを突破し、1株当たり利益は2.85ドルとなる見込みです。売上総利益率は、63%、プラスまたはマイナス2%ポイントとなる可能性が高い。

最近のガイダンスの結果、Intelは、前回の147億7000万ドルのコールからわずかに増加した6月の四半期に、インテルが144億ドルの収益を計上することを検討しています。また、1株当たり利益は0.68ドルとなり、前回予想を0.04ドル上回る見通しです。

通年の業績見通しについては、ニッケルでの利益相場を2.85ドルに引き上げながら、600億ドルでトップラインの期待を変えています。

インテルは、多様化したポートフォリオを包括する技術を求めている保守的な投資家にとって、優れた選択肢です。最近の配当の5%増加(年換算ベースで1.09ドル)は、ポットを甘くし、株価のレベルをサポートします。あまりにも最近、モバイル・ネバダ州の買収が予定されている運転手のない自動車市場に跳ね返りたいとの同社の発表は、楽観主義が進展するもう一つの理由です。この買収により、Intelは中核的な(そして成熟した)パーソナルコンピュータ事業を超えてさらに多様化するでしょう。

会社概要:インテルコーポレーションは、集積回路の大手メーカーです。主にパーソナルコンピュータの製造業者に加えて、同社は通信、産業オートメーション、軍用、およびその他の電子機器を含む多数の世界市場にサービスを提供しています。インテルの製品ラインはマイクロプロセッサーで構成され、ペンティアムシリーズが最も注目されています。また、マイクロコントローラやメモリチップを製造しており、コンピュータモジュールやボード、ネットワーク製品を販売しています。