Apple、第5回iOS 10.3.2ベータ版をリリース

0
470

Appleは、iPhone、iPad、およびiPod touchのテスト用に5番目のiOS 10.3.2ベータ版をリリースした(今週は2番目)。バージョン番号は、準備が整ったときに、これらのリリースでのフードアンダーバグの修正とセキュリティの改善のみを参照するべきであることを示唆しています。

iOS 10.3.2 Beta 5は現在、登録された開発者向けのベータ版でのみ利用可能です。各アップデートのパブリックベータ版は、通常、同じ日でない場合は開発者バージョンの数日後に続きます。 tvOSとwatchOSは、パブリックベータプログラムは利用できませんが、ベータ版アップデートとしても利用できます。

AppleのiOS 10.3リリースには、Find My AirPods、新しいAPFSファイルシステム、CarPlayの改善などが含まれています。

まもなくリリースノートや変更があれば更新します。

このリリースで修正されたSiriKit新しいSiriKitカーコマンドは、期待どおりに動作するはずです。サードパーティのVPNアプリケーションサードパーティのVPNアプリケーションは、正常に動作するはずです。 Siri Siriのテキスト応答が完了するはずです。注記と既知の問題管理対象デバイスと共有デバイスリモートサーバーからデバイスを更新する機能は開発中であり、期待どおりに機能しない可能性があります。

 openURL:サードパーティのアプリケーションがtel://、facetime://、facetime-audio:// URLでopenURL:を呼び出すと、iOSはプロンプトを表示し、ダイヤルする前にユーザーの確認が必要です。 SOS SOSはインドでのみサポートされています。 WebKit Safariは、お気に入りの動きの少ないメディアクエリをサポートするようになりました。このクエリを使用すると、Web開発者は、広い範囲の動きに敏感なユーザーに代替ページスタイルを提供できます。ユーザーは、「システム環境設定」の「アクセシビリティ」セクションで、動きの少ない設定を変更することができます。 iOS 10.3アップデートは、オペレーティングシステムのデフォルトトラストストアに含まれるルート証明機関(CA)から発行されたSafariおよびWebKitのTLS(Transport Layer Security)に使用されるSHA-1署名付き証明書のサポートを削除します。他のすべてのTLS接続は、2017年後半までSHA-1署名付き証明書を引き続きサポートします。SHA-1署名付きルートCA証明書、企業内配布SHA-1証明書、およびユーザーインストールSHA-1証明書はこの変更の影響を受けません。詳細については、https://support.apple.com/kb/HT207459を参照してください。