最新の「バグ」、特定のコントロールセンターオプションが選択されたときにiOSがクラッシュ

0
158

まれにiOSで異常なバグが発生し、特定の一連のアクションが実行されたときにクラッシュや再起動が発生します。今回も新しい「バグ」が浮かび上がったが、それが大きな問題になるとは思っていなかった。

イタリアのサイトAmiciAppleが最初に気づいたこのバグは、最新のiOS 10.3.2ベータ版のiOSバージョンで動作するようです。この問題はControl Centerに由来し、偶発的な出来事に対しては信じられないほど非現実的ですが、注目に値します。

コントロールセンターをプルアップし、下のバー(目覚まし時計、電卓、またはカメラ)、夜間シフト、およびAirDropから1つのオプションを同時に選択します。あなたは一度に3本の指でそれをタップする必要があり、実際には数回かかることがあります。

何が起きるかは、あなたのデバイスが数秒間フリーズすると自動的に「再発」し、すべて正常に戻ります。しかし、場合によっては自動的に再起動しないので、デバイスを手動で完全に再起動する必要があります。

下のビデオと先の指示でお伝えしているように、このようなことは偶然に起こる可能性は低いです。ほとんどの場合、ユーザーが自分のデバイスまたは友人のデバイスにそれを行うように設定したときに発生する可能性が高くなります。

このようなバグを初めて見たのはこれが初めてのことです。最も有名な出来事は、2015年に「有効電力」テキストがラウンドし、受信時にデバイスが再起動された時です。翌年、Safariの特定のリンクが原因でiOS全体がクラッシュしました。今年の初め、別のあまり重度ではない「有効電力」タイプのテキストがラウンドを開始したが、「有効電力」バグのレベルまでいかなかった。

この「バグ」がどうやって起こっているのかを見てください。これらの奇妙な問題がどのように発生するかは常に興味深いものです。