iPhone 8のシャーシリークが再びリアタッチIDを示す

0
565

最近発表されたiPhone 8のシャーシリークは、Touch ID指紋センサーがAndroidの携帯電話のように背面に再配置されることを示しているようだ。これまでの噂では、内蔵のタッチIDセンサーがディスプレイに表示されていました。

リークされたケーシング(Weiboを介して)はまた、他の主張されている漏れや回路図で見られたフラッシュカットアウトの上に垂直のデュアルカメラカットアウトを備えています。デュアルカメラシステムは、現在のところiPhone 7 Plus専用で、水平方向のレイアウトが特徴です。

今年の主力iPhoneには、AppleのTouch ID指紋センサーの再配置が必要な新しいベゼルレスディスプレイの設計が予定されています。

アップルは新しいiPhoneのディスプレイに指紋センサーを組み込む作業を進めていると言われているが、そのモデルを作成する際の歩留まりが低いことは、リアマウント方式のせいかもしれない。今週のあるアナリストは、AppleがTouch IDを完全に削除する可能性は低いと考えているが、これまでに見た漏れはすべてTouch IDを指している。

リアのタッチIDセンサーがこのシャーシのリークに見える間に、漏れた回路図で今週早く問題になっていた音量ロッカーが画像に含まれていることにも注意してください。

新しいiPhone 8には、5.7インチのiPhone 7 Plusよりも小さいケーシングを備えた、ベゼルレスデザインに近い5.8インチの大型OLEDディスプレイが搭載される予定です。他にも斬新なセルフカメラ、ワイヤレス充電、OLEDディスプレイが初めて登場しました。