Appleは東芝へ20%投資を検討

0
453

アップルはFoxconnと提携し、東芝の半導体事業に参入することを検討していると、NHKは金曜日に発表した。アップルは20%以上の株式を保有するために少なくとも数十億ドルの投資を検討している。

契約が成立すれば、サムスンにとっては悪いニュースかもしれないが、合意に至るまでには克服すべきいくつかのハードルがある。

Appleがビジネスの重要な部分を占めるのは、フラッシュストレージの供給を確保することです。サムスンの後、東芝は世界第2位のフラッシュメモリメーカーであるため、同社を支配することで、アップル社はサムスンのコンポーネントへの依存を減らすことができます。

しかし、日本政府が国家安全保障へのリスクを考慮して投資家に「敏感な技術」の販売を規制する法律があるため、Foxconnの要素が問題になる可能性がある。日中関係はしばしば緊張しており、独立国家としての台湾自身の地位や中国の一部としての地位は論争の的になっている。

NHKの報道によると、東芝は一部の株式を保有しているため、Foxconnは少数保有しかなく、日米両国が共同して支配する計画だという。

第2の問題は、他の入札者の1人であるウェスターン・デジタルが、東芝が外部からの入札を招いて両社の合意に違反していると主張していることである。最後に、BroadcomとSK Hynixの2社が残っている。米国と韓国のチップメーキング会社。これは、別のAppleのサプライヤが入札したと報告されているようだが、TSMCは中止した。

Appleは自社のチップをより多く設計しているので、外部のサプライヤへの依存を減らそうとしているようで、チップサプライヤとの恋人との取引は明白な魅力がある。