Satechiの新しいマルチポートUSBデスクトップ充電ステーション

0
401

 Satechiの新しいマルチポートUSBデスクトップ充電ステーション($ 30; Amazonで入手可能)は、USB-CとUSBタイプAジャックの両方を組み合わせた最初の製品です。コンピュータとモバイルの世界が広く使われている標準としてUSB-Cに向かって動き出しているので、これは素晴らしい組み合わせです。

充電器には2つのUSB-Cと4つのType-Aポートがあります。しっかりと詰まった構成ですが、いろいろなUSBケーブルの端を一度に6つすべてに差し込んでも問題はありませんでした。そして、かさばるドングルも混在できます。

Satechiユニットは、各USB-Cおよびタイプ-Aポートに対して最大約11ワット(2.2アンペア時で5ボルト)を提供し、デバイスが取ることができる最高の電力フローに自動的に切り替わります。最新のiOSデバイスは、少なくとも2.2Aの速さで充電されます。総電力出力は60Wを超えることはできません。したがって、11Wの6倍はiPhone、iPadなどのデバイスを搭載していても、ポートあたりの最大電力を引き続き提供します。

9.7インチのiPad Proは、Light-to-Type AケーブルとしてLighting to USB-Cケーブルを使用して同様に充電されます。 MacBookは同梱されている別売の29ワットのワット数のアダプタを使って、USB-Cケーブルで充電することができます。

電源の流れをチェックするためにUSB-CとType-Aのパワーモニターを取り付けました。テストしたすべてのデバイスと一貫していました。2015年の12インチMacBookを差し込んで、そのコンピュータのバッテリーモニターは約11Wの同じ最大出力を報告し、MacBookは寝ている間に充電を受けました。 

8オンスのSatechはやや大きめで、わずかに熱が上がりますが、頑丈なプラスチック製のケースは損傷を受けにくく、熱をよく消散させるようです。それには6フィートの外付け2芯ACケーブルが付属しており、使用していないときに不要なACアダプタをオフにしたい人にはオン/オフスイッチが付いています。