TestFlight アプリがアップデート 違うバージョンのアプリを別々のテスターで試験可能に

昨夜、AppleはiOS上のTestFlightアプリケーションのアップデートをリリースし、バージョン番号を1.5に上げた。 

 

TestFlightを扱う開発者は、異なるテスターに異なるビルドを発行できるようになりました。興味深いことに、TestFlightではテスターのグループ化も強化されています。これにより、さまざまなテスターがさまざまなアプリのビルドを試すことができます。このA / Bテスト方法は、開発者が最高のパフォーマンスを発揮するためのさまざまな機能を構築するのに役立ちます。

TestFlightのアプリケーションをテストする際の大きな不満の1つは、アプリケーションがApp Storeにインストールされると、テスターはTestFlightからテストビルドをダウンロードする能力を失ったということでした。テスターは、TestFlightの下にある新しい「旧バージョン」セクションの下で、すべてのアクティブなビルドに戻ることができます。

TestFlightとiTunes Connectのアップデートがもたらすもう一つの注目すべき変更は、TestFlightビルドが前回の制限である60から最大90日間有効であることです。これにより、テスターはデバイス上のアプリケーションのベータビルドに多くの時間を与えます。

複数のビルドサポートTestFlightでは、複数のビルドを同時に配布してテストできるようになり、テスターはいくつかのビルドからテストを選択できます。

拡張グループTestFlightグループが変更されました。 TestFlightユーザーのグループを作成したり、各グループが別のビルドをテストしたりできるように、これ以上の作業を行うことができます。開始するために、既存の外部テスターをすべて「外部テスター」グループに追加しました。このグループはいつでも編集できます。以前にグループを作成していた場合は、新しいTestFlight機能でグループを使用する方法を学べます。

改善されたテストテスターは、ビルドがApp Storeに公開されたときにビルドをテストし続け、中断を最小限に抑えることができます。 iTunes Connectユーザは、すべてのアクティブなビルドにアクセスして、異なるビルドをシームレスに比較できるようにすることもできます