Apple WebGPUをテストできるデモを提供

0
918

今年の初め、AppleはWebコミュニティグループの新しいGPUを提案し、より強力なグラフィックスをWeb上で動作させるようにしました。 Appleが提案したWebGPUの標準は、WebGPUよりもはるかにオブジェクト指向であり、開発者は状態を表すオブジェクトを作成して保存することができます。さらに、より広範なコマンドセットを処理できるオブジェクトが可能になります。これにより、描画操作中に実行する作業が軽減されます。

今、AppleはWebGPUプロトタイプとデモを共有して、新しい標準が可能なことを開発者に示しています。

AppleはWebKitのブログで試作品とデモを発表し、この新機能はSafari Technology Preview版の一部として提供されていると説明しています。しかし、これはデモであり、それ以上のものではないと、Appleは数回にわたって発表しています。実際、多くの場合、Appleはデモコードが提案の背後にあると言います。

また、APIの仕組みを理解するための簡単なデモも書いてあります。私たちの実装と文書化された提案はあまり整理されていないので、これらのデモのコードは時間とともに変化します。プロトタイプが提案の背後にあるコード内の場所を示すようにしました。繰り返して言えば、これは提案です。最終的なAPIはほぼ確実にかなり異なるでしょう。

新しいWebGPUのデモを試してみたいのであれば、AppleのWebKitブログに進んでください。ここには4つの例があります。 1つは「ハローワールドトライアングル」、もう1つは「Shadertoyのような2Dドローイング」、「Simple Spinning Cube」は3番目、「Animating Cubes」の4つ目を示しています。

デモを試すには、AppleのSafariテクノロジープレビューを使用して、開発者メニューでWebGPUを有効にする必要があります。

WebGPUが有効になっているシステムにいることを確認してください。 Safariでは、まず[開発者]メニューが表示されていることを確認し([環境設定]→[詳細])、[開発]→[実験的機能]→[WebGPUを有効にする]を選択します。