Apple社、Workflowを有料で購入した人へ払い戻しを開始

0
429

先週、Appleが人気のあるiOSの見積もりツールWorkflowを入手したことが明らかになった。買収後、AppleはApp Storeでアプリを無料で作って、アプリを購入したばかりのユーザーを怒らせた。しかし、これを解決するために、アップルは本日、最近数週間にわたってワークフローを購入した顧客に払い戻しを開始しました。

アップルは、最近アプリを購入した顧客に電子メールを送信し、払い戻しが元の支払い方法で処理されることを知らせている。アップルはアプリの2.99ドルの全額と税金を払い戻している。

アップルが顧客に送信したメールは次のとおりです。

DeskConnect、Inc.のWorkflowをご購入いただきありがとうございます。WorkflowはApp Storeで無料でご利用いただけます。あなたが最近このアプリを購入して以来、私たちは$ 3.21の額であなたに全額払い戻しを出しました。これらのファンドは元のお支払い方法に適用され、発行日から5営業日ほど経ってアカウントに反映されることがあります。

iTunesサポートチーム

この時点で、Appleのワークフローの計画については不明です。アップルの以前の買収による変更から、ワークフローは引き続きApp Storeで利用可能です。

ワークフローは、通常、iOSとのやりとりを少々必要とするプロセスを単一のタップに変換するという考え方に基づいています。目標は、ボタンを1回タップするだけで複雑なコマンドセットを「隠す」ことです。 Appleの買収以前は、App Storeで2.99ドルで稼動したが、その後は無料となった。

Appleがこのアプリを買収する前に、WorkflowはAppleから注目を集めていた。 2015年に、このアプリはApple Design Awardを受賞しました.Apple Designの今日の声明では、Appleがこれらのアクセシビリティ機能を評価しています。