Subaru クロスストークに AppleCarPlay 搭載

0
480

ニューヨークインターナショナルオートショーは来週末に始まる予定で、今年のデビューは新しい2018スバルクロスストークです。再設計されたCrosstrekは、Apple CarPlayを標準装備した6.5インチタッチスクリーンディスプレイを搭載しています。

2018年のSubaru Crosstrekは、2.0iベース、プレミアム、リミテッドの3種類のトリムレベルで登場します。基本パッケージには、Android AutoとApple CarPlayの両方をサポートする6.5インチのタッチスクリーンディスプレイが含まれています。プレミアムトリムパッケージにはディスプレイの変更は表示されませんが、リミットトリムはディスプレイのサイズを上げます。 Harman Kardonオーディオシステムを搭載しているため、マルチメディアエンターテインメントは8インチカラーディスプレイでさらにアップグレードされています。

Subaruの新しいCrosstrekには、FB 2.0リッター4気筒ボクサーエンジンの改訂版が含まれています。これには直噴燃料噴射と前回の148 hpからの増量が含まれています。2.0iベースとプレミアムトリムには標準の6速マニュアルヒル降下制御を備えたXモードを装備したトランスミッションまたはCVT。 CVT搭載のパッケージにはLimitedが標準装備されています。

今日のニュースは、Apple CarPlayをサポートする2018年LegacyのSubaruのChicago Auto Showの発表に続きます。 2018年のLegacyとCrosstrekは、SUBARU STARLINK技術によりAndroid AutoとApple CarPlayを利用します。 Subaruによると、車載システムはBluetooth、iPodコントロール、スマートフォンの統合を提供している。車載ディスプレイは、標準的なリアビジョンカメラとTomTom支援ナビゲーションシステムの主要画面として機能します。