Apple ドローン墜落追跡アプリを不本意ながらもリリース

0
359

1年以上前、AppleはApp StoreからMetadata +というアプリを削除した。このアプリは、米国のドローンが墜落に至ったときにiPhoneユーザーに警告を送る機能がありました。当時のアップルの主張によれば、このアプリには「多くのユーザーが不愉快なコンテンツが含まれていた」というものだった。

Metadata +は12時間以内に承認され削除されたというニュースで再び報じられています。

The Interceptの記事では、Metadata +の作成者で開発者のJosh Begleyが状況を説明し、2014年以来12回拒否されたことに注目しました。しかし、やっと最後に、今朝承認され、App Storeで全員が利用できるようになりました。ベグレー氏は、人々が「ドローン戦争」を意識しているべきだと言って、公開に満足している。

Begley氏は、Appleが方針を変えるかどうかを確認するために再送信したと説明した。今日、見かけ上、その視点を逆転させた。

長年にわたり、私は時折、アプリケーションをDrones +からMetadata +に変更して再提出します。アップルがその考えを変えるかもしれないのかどうか不思議だった。このアプリにはグラフィック画像やビデオは含まれていませんでした。単純に秘密戦争に関するニュースが集められました。

Begley氏は、今朝(米国時間9/31)午前9時ごろ、App Storeからアプリを入手できること発表しました。しかし、午後2時30分までに、アップルはアプリを削除した。この時点で、ベグリーはなぜ今回のアプリを削除したのかについて詳細は述べていないが、同社がこれまでに引用したのと同じ不快なコンテンツを中心に考えているようだ。ベグリーはそれに反論している

アプリについての何かが「過度に不快なものや粗悪なもの」であれば、それはおそらく空自である。

2015年にアプリが最初に承認され、削除されたとき、問題の中心はアプリの全機能であったため、Appleがその決定をやり直すことはなかったと説明しました。ここで起こりそうなのは、Metadata +が今朝AppleのApp Storeレビューチームの隙間をくぐり抜け、簡単に利用可能になったことだ。しかし、上司がアプリの新しい状況を知り、すぐに削除したようです。