アップルとFacebookはVRを開発を強化

0
405

ファイナンシャルタイムズ紙によれば、アップルとFacebookはVRを開発を強化している。以前はAppleのARの取り組みはiPhoneに関連していたし、FacebookはOculusのバーチャルリアリティ機能を使っていたようだった。今、両方の技術巨人は、ARウェアラブルを作成することを熱望しているという。

 Appleが1年以上にわたってARグラスに取り組んでいると噂されているにもかかわらず、少なくとも2018年までは到着しないだろうとFinancial Timesは報告している。一方、FacebookのMark Zuckerberg氏は、ARグラスのビジョンは完璧になるまでに最大10年かかると述べています。

「VRとARは、どこでも使える小さなガラス、何かを体験できるソフトウェア、物理的なものとまったく同じように仮想世界とやり取りできる技術を、私たちが求めるものにする事です。 "Zuckerbergは、Oculusの研究室を訪れた後、2月にFacebookにコメントました。

なぜこれが重要なのか?アップルとFacebookは確かに拡張現実の未来を支配する唯一のハイテク企業ではない。 HoloLensの開発者版が1年間利用可能であることを考えれば、Microsoftはこの部門で先を見越しているようだ。もちろん、Snapchatの親会社であるSnapは、次のバージョンのSpectaclesにAR機能を統合することができます。

スペースに入るスタートアップもいくつかあります。今年はマジック・リープとメタの両方でARメガネの技術を発表する予定です。 Magic LeapはGoogleからの資金提供を受けています。MetaはかつてはAppleのARプロジェクトの責任者であるMike Rockwellの顧問を務めていました。