2017 iPad とiPad Pro 9.7インチの比較と今後の予測

0
340

新しい2017 9.7インチのiPadと、2016年3月の9.7インチのiPad Proの違いを調べました。

画面の解像度とタブレットの一般的な表面積は同じですが、いくつかの顕著な違いがあります。

2017 iPadにはA9プロセッサーが搭載されています。これはiPad Air 2からステップアップしたものですが、iPad Proからも大幅に改善されました。

シングルコアのiPad Proは、GeekBenchの評価が2934で、iPhone SEのベンチマークでは新しいiPadと同様のアーキテクチャを採用し、2397と低く出ています。

サイズと重量

新しいiPadは240mm、幅169.5mm、厚さ7.5mm、wi-fiで469グラム、LTEで478グラムの重さで、元のiPad Airと次元的に同じです。

iPad Pro 9.7インチは、新しいiPadと同じ幅ですが、厚さは6.1mmで、iPad Air 2よりも437グラム-7グラム少ない。

あなたが最も薄くて軽量なiPadを探しているなら、iPad Proはベストです。しかし、ケースの追加は急激に重量を増やし、穏健を容易に相殺します。

新しいiPadは32.4ワット時のバッテリーを、iPad Proは27.91ワット時のセルを持っています。

アップル社は、iPadのバッテリー寿命について、「ビデオは最大10時間、オーディオ再生は140時間、スタンバイでは1ヶ月」と言っています。

バッテリーのサイズだけに基づいて、新しいiPadは9.7インチのiPad Proをまさるはずですが、テスターの手に入るまではわからないでしょう。

これらの情報からすると、ユーザーはiPad Proよりも新しいiPadが適しているように思われますが

iPadとガラスパネルの間に空隙があるLCDの代わりに、iPad Proは完全に積層されたスクリーンを備えています。これは、新しいiPadよりも薄くて軽い理由の1つです。

iPad Proは新しいiPadが表示できるよりも広い範囲の色を表示できます。5K iMacとiPhone 7スクリーンに匹敵します。

所有者ベースの特定のセグメントにとって重要なApple Pencilは、iPad Proのラインでのみサポートされています。

新しいiPadは、Wi-Fiのみを搭載した32ギガバイト版で329ドルから始まり、128ギガバイトと4Gで最大559ドルまでになります。

iPad Proは32GB版で599ドルから始まり、128ギガバイトと4Gで829ドル、4Gで256ギガバイトのモデルでは1,029ドルになります。

iPad Proではパフォーマンスが約20%向上し、画面が改善され、Apple Pencilがサポートされている約270ドルの価値があるかどうかを判断することです。

今回の火曜日のリリースは、明らかにiPadとiPad Proのプロダクトファミリー間の確固たる線を描くことを意図しています。

また「エントリーレベル」のiPadが発表になるリークしていた報告元によると、10.5インチのiPad Proが登場し、12.9インチの1つのより大きなモデルがリフレッシュされることもコメントされています。

しかし、うわさの性質を考えると、6月上旬のWWDCになる可能性があります。もしくは9月になる可能性もあります。また、すべてのレポートが完全に間違っている可能性もあります。

価格が下落する可能性は低いが、製造価格を引き上げる中国の部品不足が報告されていることから、新しいiPad Proモデルの価格が最終的に高くなる可能性は非常に高いです。