Apple workflow買収からの考察

0
391

AppleがiOSのパワーユーザーアプリのworkflowを購入したという今週のニュースの後、Appleのプラットフォーム上の自動化の将来についてちょっと混乱していると思われる。結局のところ、アップルのオートメーション技術のプロマネージャーであるSal Soghoianは会社を辞めたばかりです。

それでも、Appleは2005年のMac OS X Tigerに導入されたApple独自のAutomatorに対し、多くの人が使っているアプリWorkflowを手に入れた。なにが求められるのか?アップルのプラットフォーム上で、オートメーション機能とスクリプティング機能にはまだ可能性が残っているのでしょうか?

スクリプティングは当初からMacの一部でした。 HyperCardのHyperTalkスクリプト言語から生まれたAppleScriptは、1993年にSystem 7に組み込まれました。これは、複数のアプリケーション間で複雑なタスクを自動化する方法であり、OSへの深い統合だけでなく、スクリプト言語でアプリケーションのアドレス指定が可能なサードパーティの開発者も使えます。

しかし、その能力故かAppleScriptはいつも少し難解です。それは一種の自然な英語構文を使用するのですが、通常のユーザーにとってはまだ複雑すぎることがよくありました。一方で、より伝統的なプログラミング言語に使用されていた人たちは、その特異性から同じように困惑させていました。

AppleScriptはSoghoianの努力で、AppleScriptが持っていた種類のタスクは処理するためのグラフィカルで使いやすい、Automatorの基礎が築かれました。しかし、Automatorは決してその可能性を生かすことはできませんでした。多くの場合、いくつかの機能を実現するためにAppleScriptやUNIXのシェルスクリプトに戻らなければならず、そのグラフィカルインタフェースはまだ十分ではなく、ほとんどの主流のユーザーにはやさしいものはありませんでした。

しかし、コンピュータが成熟し、強力になるにつれて、多くのユーザーが作業を完了するためにプログラマーになる必要がある初期の段階にあった、自動化とスクリプト作成の必要性は必ずしも同じではありませんでした。一度自動化されたタスクの多くは、アップルや第三者によって作成されたアプリケーションで処理できるようになりました。 AppleScriptとオートメーションの両方は、その後のOS Xのリリースでは立ち往生していませんでしたが、どちらもAppleからは注目されていませんでした。

オートメーションが導入されて数年経ってから、iPhoneはオートメーション機能を全く持たずに登場しました。 OS Xの多くの部分がプラットフォームにジャンプしたが、AppleScriptとAutomatorは残っていた。ほぼ10年後、その状況は変わらない。 2014年になって、アプリは互いに通信できるようになりました。

Automflowに非常によく似た、表面上にあるアプリケーションであるworkflowに入ると、アプリやサービス間で複雑なタスクを自動化するためのグラフィカルインタフェースを提供します。