Apple Park 最新のドローン空撮動画

0
365

Apple Parkの最新のドローン映像では、さらに造園の進歩、占有された研究開発の建物、そして大型の機械の大部分がキャンパスから取り外された映像が写し出されています。

最新のビデオでは、ガレージの広大なアレイとメインの「宇宙船」の建物が完全に完成し、キャンパス全体の太陽電池パネル設置が約80%完了していると主張しています。

アップルの研究開発施設の構造は占有されていると言われています。 3月初めの最後の映像と同じように、キャンパス内の他の周辺およびサポートの建物でも大量の進歩が見られました。フェーズ2として知られている補助構造は、メインの本部に隣接して追加の作業スペースを提供します。

巨大な造園が続いており、本館の中庭とキャンパスの両方に植えられた干ばつ抵抗性の樹木が増えています。

2月22日、アップルは正式に建設中のキャンパス「アップルパーク」と命名した。同時に同社は、20フィートの直径165フィートのガラス構造で覆われた地下講堂をSteve Jobsの共同設立者に捧げました。

環境に配慮した設計は、現場のソーラーファーム、燃料電池、その他の再生可能エネルギー源からなる小規模のデータセンターを含むApple ParkのJobsのビジョンに最も重要でした。キャンパスに設置された新しいマイクログリッドは、太陽だけから17メガワットの電力を供給し、施設の電力要件の約75%を処理することができると伝えられている。ソーラー設備には、ノースカロライナのデータセンターに設置されているものと同様のBloom Energy-provided燃料電池が補充されています。

https://www.youtube.com/watch?v=nRQrhlaRynw&sns=em