プロセスの自動化アプリWorkflowをApple社が買収

0
378

Appleは今日、複雑なプロセスを自動化するためにさまざまなアプリケーションの機能を組み合わせることができる人気のiOSツールWorkflowの買収を発表しました。 TechCrunchによると、Appleは本日取引を確定したが、財務の詳細はまだ入手できていない。

声明の中で、ワークフロー開発者のアリ・ワインスタイン氏は、チームがアップルに加わることに興奮しており、同社の始まりから今日に至るまでの旅の素晴らしさについて語った。

「我々はAppleに加わることに興奮している」とWeinsteinは声明で述べている。 「われわれはWWDCに参加している学生としてワークフローの開発と起動、そしてApp Storeでの驚異的な成功を目の当たりにして、私たちの会社をキックスタートさせるために、当初からAppleと密接に協力してきました。アップルが次のレベルへ私たちの仕事を引き継ぎ、世界中の人々に触れる製品に貢献するのを楽しみにしています。

 2015年に、このアプリはApple Design Awardを受賞しました.Apple Designの今日の声明では、

「ワークフローアプリケーションは、iOSのアクセシビリティ機能の優れた使用、特にラベル付きアイテム、思いやりのあるヒント、ドラッグ&ドロップアナウンスのVoiceOverの優れた実装のため、2015年にApple Design Awardに選ばれました。視覚障害者や視力の弱い人にも利用可能です。

ワークフローは、通常、iOSとのやりとりを少々必要とするプロセスを単一のタップに変換するという考え方に基づいています。目標は、ボタンを1回タップするだけで複雑なコマンドセットを「隠す」ことです。

アップルがワークフローを買収したことで、今日、無料サービスに変わるという事です。この時点で、ワークフローチームがAppleにどのように統合されるのかは不明です。