ティムクック、中国でのスピーチの中でグローバリゼーションとユーザープライバシーのメリットを語る

アップルが中国にさらに2つの研究開発センターを建設するとの発表に続いて、ティムクック最高経営責任者(CEO)は中国開発フォーラムで演説した。今年は、中国の中央政府が後援しているこのイベントでクック氏の初登場となった。

1時間の講演で、Cookはグローバリゼーションとユーザーのプライバシーを含むさまざまなトピックに触れました。

ウォール・ストリート・ジャーナルが指摘したように、クックのスピーチの中心点はグローバリゼーションでした。クック氏は、グローバル化は "世界にとってすばらしい"と一般的に説明しましたが、その問題は国の中で均等に分配されないという問題です。

しかし、クック氏は、グローバリゼーションから完全に後退することは解決策ではなく、郡が自分自身を孤立させると、市民にとっては良くないことに注意してください。

クック氏は、「誰も助けなかったので、最悪の事態は悪いと言い、それほどのことはしないと言います。 「現実には、世界の国々を見ることができると思います。自分たちを孤立させる国は、国民には良いことではありません」

CNBCによると、クック氏は、中国が引き続き世界に開放していくことを奨励している。

クック氏は、政府が主催する中国開発フォーラムで語ったところによれば、「中国が引き続き開かれ、扉を広げることが重要だと思う」と述べた。

Cook氏は、ユーザーのプライバシーに関する話題に取り組みました。企業はしばしば中国との関係を躊躇しています。クック氏は、「ハッカーなどがデータにアクセスするのを防ぐためにエンドツーエンドの暗号化を使用している」と説明してスピーチの中で非常に広く語った。

ミスタークック氏は、「ハッカーなどがデータにアクセスするのを防ぐため、Appleはデータをエンドツーエンドで暗号化している」と述べ、データプライバシーについて話した。

クック氏は、「個人は自分のデータを所有し、データを管理できるはずだ」と述べた。

ティム・クックのグローバリゼーションに関するコメントは、アップルが製造業の一部を米国に移すという圧力が高まっていることから来ている。クック氏は特に中国での演説で話題に取り組まなかったが、中国のインフラストラクチャーと労働力が強く発展しているという彼の見解を反映しているようだ。

クック氏は、中国のトップインターネットレギュレーター、徐林(Xu Lin)を経営幹部との非公開会合で紹介することで、中国での時間を継続する。議論は、セキュリティとインターネットの規制に焦点を当てていると言われていますが、私たちは何が言われているかについてあまり学ぶことはありそうもありません。