アップルのワイヤレスデバイスは、ドアアクセスシステムであることが判明

米連邦通信委員会(FCC)の承認を得て最近提出されたアップルの「ワイヤレスデバイス」の1つは、日曜日に政府機関が発行したマニュアルと写真によると、4月のアップルパークキャンパス開設のためのドアアクセスシステムだった。

NFCとBluetooth Low Energyの両方をサポートするモデル "A1844"のマニュアルには配線手順が含まれており、実際にはユーザーが「提供した資格情報を読者に提示する」必要がある、とBusiness Insider氏は指摘する。システムは緑色または赤色で点滅し、アクセスを示すサウンドを再生します。

ハードウェアの性質は、ドアアセンブリに取り付けられたリーダーを示す写真ではっきりとしています。

アップルパークは建設中ですが、元CEOのSteve Jobs氏のインプットをもとに設計されており、非常に大きな湾曲ガラスの窓や世界最大の自然換気システムなど、多くのカスタムタッチとして知られています。

Appleが独自のドアシステムを設計したい理由は知られていませんが、第1者のシステムがハッキングや改ざんに強くなる可能性があるため、考えられる理由は余分なセキュリティです。この製品は、AppleがHomeKitの標準を制作している間はスマートフォンアクセサリーを販売していないため、商業化は考えにくい。

過去数ヶ月で、AppleはA1845とA1846としてFCC認可のための2つの他の無線デバイスを提出しました。彼らは関連するSKUを使用しているため、A1844技術の変種である可能性があります。推測では、第5世代のApple TVのようなものかもしれないと示唆しています。