支払いができるサングラス VISAが発表

タップ・ツー・ペイ・ターミナルでは、スマートフォンで簡単にお金を払うことができます。理論的には、NFCチップをサポートできるものでお金を払うことができます。

Visaがサウス・バイ・サウス・ウェストで描いていたのは、最新のペイメント対応アクセサリー・プロトタイプ、サングラスのペアです。サングラスには、プリペイドカードにリンクされた小さなNFCチップが横に埋め込まれていました。タップ・ツー・ペイが受け入れられた場合は、メガネを使用して料金を支払うことができました。メガネをデモする際には、端末が自分の指紋スキャンを受け入れるのを待つ必要がなかったので、Apple Payよりも素早くシームレスに機能しました。

メガネは単なるプロトタイプであり、Visaのこの技術がいかに簡単に実装できるかを示すためのものです。サングラスは今年3月にオーストラリアのワールドサーフリーグでアスリートに使用され、昨年の夏、Visaはオリンピックで競技する競技者に支払い可能なリングを発行しました。選手を使ってこれらのアクセサリーを披露することは理にかなっています。