Intelの物体認識機能が優秀だったSXSW

0
440

インテルは、主力製品に力を入れていますが、しかし、South South by Southwestは、主力製品よりも、Intelのポップアップ・ラウンジにはAI空間で何をしているのかを披露したデモがいっぱいだった。

私の好きなデモは派手ではないかもしれませんが、機械学習の重要な要素である物体認識です。動物、人、乗り物、家庭用品、植物の多種多様なものを示した一連の写真と、それを正しく名前を挙げたソフトウェアを開催しました。多くのオブジェクトに100%の精度で解析し、名前が付けられている機能を紹介していました。

このデモはわずか20オブジェクトに制限されていましたが、インテルのプラットフォームの本格的なものは多くのものを処理することができます。この技術は自走車の開発の鍵であり、インテルはこのスペースの他のエンジニアと提携して、より自律的な車を道路上に得ることができます。また、開発者の場合は、インテルのDeep Learning SDKを利用して、アプリケーションにオブジェクト認識機能を持たせることもできます。